EU Film Day@京橋

6月20日まで京橋のフィルムセンターで開催されていた「EU Film Days 2010」。

EU主催の映画祭があることも、京橋に国立の映画館があることも知らなかったけれど、実際に足を運ぶと、なかなか、、、良い仕事してました。

今回見たのは、スウェーデン映画「パトリックは1.5歳」。

養子縁組を希望する「夫婦」のもとに、「1.5歳」の子供が来ることになったのだが、実は夫婦は男同士。その上子供は、小数点なし15歳、天涯孤独の不良少年、という内容。

a0106978_21225492.jpg
Patrik, age 1.5 / Sweden


同性愛という、際どい問題を扱ってはいるけれど、例えば3人が家族になっていく過程とか、反発する感情が理解に変わっていく過程とか、実は私の周りにもある、凄く普遍的な感動を、味わうことが出来ました。

「EU Film Days」、来年もまた行こっと。
[PR]
by tokyo100k | 2010-06-19 00:00 | 趣味 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k