ザ・コレクション・ヴィンタートゥール展+α

世田谷で開催中の「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展(1300円)へ。

地名(ヴィンタートゥール)からして、聞き覚えがない。そして並んだ作品は、全て日本未公開。その見ごたえたるや、有名作品の来日が相次いだ今年の中で、1位2位を争う、かもしれない。

a0106978_23563045.jpg
Meadow Flowers / Odilon Redon

嬉しいことに、好きな画家が増えた。

好きすぎて、作品の前で立ち尽くした、なんて何年ぶりだろう。考えるより、感じる。そんな自分に出会う、芸術は貴重な機会。

a0106978_23564289.jpg
Breton Port / Odilon Redon

2階で同時開催中の「小堀四郎と鴎外の娘」展(200円)も見てみた。

「見てみた」と書いたのは、普段なら多分見ないから。1300円を見た後に、200円に期待はしない。

しかし、予想は大きく外れた。

芸術に「心」を感じたい人には、間違いなく満足の内容。画風と良い、題材と良い、素晴らしいどころか、出会うべくして出会った、ぐらいの。

そして家に帰り、NETを見て知った。

オディロン・ルドンという画家は、印象派世代でありながら、流行に染まることなく、独自の作風を貫いた人であり、小堀四郎という画家は、権力に屈した画壇を去り、貧窮してもなお、自身の画道に専念した人であったらしい。

染まるな、貫け。

共通するのは、孤高の精神。

昔からもう残念なほど、私は、そういう人が好きなんだ。
[PR]
by tokyo100k | 2010-09-26 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k