★神の島、小笠原 -島-

「小笠原」を知ったのは、高校生の時だった。地理の時間に見た地図で、最果ての南に位置する島の存在に気づいたのだ。

沖縄と違い、小笠原へは船でしか行けない。観光資源になり得る場所を、敢えてそうしない理由とは。島を守る強い意志に、興味が湧いた。

a0106978_1462044.jpg

小笠原へは、「おがさわら丸」という船で1日以上の時間をかけて行く。

東京湾を出て、房総を過ぎ、伊豆七島を見送ってからが本番。波と闘う十数時間が、小笠原から人を遠ざけ、島を守ってきたのだと、実感する。

やがて長い夜を迎え、長い夜が明けて、島の姿が見え始めると、もう感動以外の何でもない。「生きて着けた!」

a0106978_2291649.jpg

着いたその日は、宿の近所を散策した。

a0106978_1272451.jpg

島最大の集落なのに、最低限の生活物資と、土産物を売る店しかない。

a0106978_1273179.jpg

それが不便なのではなく、逆にそれしか必要ないんだと、少々口を酸っぱめに、教えられたような気分になる。

a0106978_1432733.jpg

私は、島に着いたんだ。

高台に上り、眺めてみる集落は、大地の青が、印象的だった。
[PR]
by tokyo100k | 2007-12-29 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k