熊野古道 -那智-

GWは、念願だった熊野古道へ。

江戸の頃には、「伊勢へ7度、熊野へ3度」とも歌われた、聖地の中の聖地である。

a0106978_23531427.jpg

1日目は、紀伊勝浦から那智山へ。

a0106978_23533830.jpg

路線バスは「大門坂」で下車。いにしえの道を歩きながら、参拝するというコース。

a0106978_23532425.jpg

GWということで混雑こそしていたが、そして自らの運動不足を痛いほど感じる道程ではあったが、森のエネルギーをいっぱいに感じ、歩く。。。

a0106978_23534627.jpg

ヒーヒー息を吐きながら、ダラダラ汗をかきながら、登ったのは300段弱であったらしい。500段は歩いた感じだった!

a0106978_23535554.jpg

途中、休憩など挟みながら、

a0106978_2354326.jpg

熊野那智大社に到着。

a0106978_23541134.jpg

神社のはずだが、

a0106978_23541959.jpg

護摩?

あれ、神社じゃないの?

というところが、熊野の熊野たる所以なのだそう。

神仏混交。日本には八百万(やおよろず)の神がいる。神も仏も分ける必要はない。その大らかさこそが、熊野であり、日本なのである、と。

a0106978_23544321.jpg

さて、サッカー日本代表のシンボルとして知られる「八咫烏」は、熊野が起源であるらしい。

a0106978_23542743.jpg

境内にはそれをモチーフとしたアイテムが並び、今後、カラスを見る目も変わりそうな。。。

a0106978_23545030.jpg

a0106978_23543545.jpg

那智大社のすぐ隣にあるのは、青岸渡寺(せいがんとじ)。

a0106978_23545983.jpg

朱色の眩しい大社に対し、その佇まいは古寺そのもの。

a0106978_2355167.jpg

a0106978_2355861.jpg

境内にある三重塔からは、

a0106978_23552518.jpg

日本3大瀑布の1つ、那智の滝を望むことが出来る。

a0106978_23553212.jpg

少し下山すれば、間近で見ることも出来、正直、大した期待もしてなかったのだが、

a0106978_23555678.jpg

急に頭が痛くなった。

それが滝の力なのか、寒かったせいなのかは分からないけど、とにかく圧倒的な滝だった。

a0106978_0152866.jpg

さて、1日目の問題はここからだった。GWだというのに、宿を取っていなかったのだ。

まずは勝浦の旅館組合に問い合わせるも、満室。新宮の旅館組合に問い合わせるも、満室。

いくら忙しかったとはいえ、GWの宿は取っておくべきだった。。。

しかし野宿するわけにもいかないので、組合のHPに掲載されている宿に、片っ端から電話。

ようやく取ることの出来た宿は、想像よりもずっと素敵な旅館「熊野荘」だった。

…初日から、導かれてる!

a0106978_2345964.jpg

その日始めたことでもないが、神社参拝の際はまず「本日までのお導き、ありがとうございました」と、挨拶することに決めている。
[PR]
by tokyo100k | 2011-05-03 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k