人生の残り時間を可視化する

今日の目標:ちょっとは読む人の役に立ちそうなことを書く

って、我ながらハードル高い目標掲げたもんですが、

我ながらまぁまぁいいと思っている、Googleカレンダーの使い方を紹介することにしました。



働いている人なら分かるでしょうが、Googleカレンダーとはこういうもので、

a0106978_2323504.jpg

これを始めてからというもの、『あぁ〜、人生は短いなぁ〜。もっと効率上げねばなぁ〜』と、思うようになりました。

さて、使い方。

わたしの場合まず、「寝る」とか「食べる」とか「運動する」とか、生存のために必要な時間をスケジューリングします。

a0106978_23263125.jpg

ちなみに毎朝6時起床を予定しながら、8時過ぎまで寝てるけど、気にしません。ここで最も重要なのは、自由に活動できる時間(=起きている時間)がいかに短いかを知ることなのです。

a0106978_23345485.jpg

次に「学ぶ」をスケジューリングします。「働く」より「遊ぶ」より「学ぶ」なのは、先日も書いた通り、「生きるため」を基準に優先順位つけた結果です。

ちなみに土曜日に「日経」が溜まっていますが、朝活風にスケジューリングされた「経営」や「企画書」もほぼ例外なく、土曜日にリスケされます。

a0106978_23464843.jpg

次に「遊ぶ」を入れます。相手のあることなので、何だかんだいって最優先されるのはここです。

a0106978_2351142.jpg

そして最後が「働く」です。

日ごと、週ごとに必ず発生する業務は「リピート」機能を使って予め登録しておき、上司や同僚から受けた新たな依頼や、自分で必要だと思った仕事は、どんな内容でも1個1時間としてスケジューリングします。カレンダーであると同時に、タスクリストを兼ねさせるのです。

しかし、タスクの数が増えれば、当然労働時間が増える。

そのせいで自分の時間が減るのはイヤ!

たとえ1時間かかりそうな仕事でも、30分で終わらせたいと強く願う!

「あ~、やりたくないな~」とか悩んでる(?)暇なんか当然なくなるし、頭と手と集中力を最大限に使って本当に終わらせる。

重要性の高い仕事(や遊び)に当てる時間が増えて、周りもわたしもハッピー!



みたいな、わたしの人生の目標である「『あ~、この人生やりきったわ!』って思いながら死ぬ」に1歩近づく、1日の終わり方が出来るのです!!!

さ、年内残り6営業日。どこまでやりきることが出来るかな。



明日の目標:ヨガに行く!絶対!!
[PR]
by tokyo100k | 2012-12-19 00:00 | 仕事 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k