信頼とネガティブの関係

a0106978_23592961.jpg

自分が窮地に立たされたとき、

全面的に味方してくれる人もいれば、利用するだけ利用して、後はぽいっという人もいることに気づく。


今日は朝から腹の立つことが多く、全面的に味方してくれる先輩を呼び出して、焼鳥!

今は同じ職場でもないのに、占い師ばりに的確なアドバイスをくれ、

すっきりし過ぎて、腹立った原因も忘れてしまった。。。


私の最近のテーマは、

利用するだけ利用して、というタイプの人になるべく利用されず、全面的に味方してくれる人との心地よい付き合いを増やしたい、ということなんだけど、

そのために必要なのは、実は

『人を選ぶ』

ことではなく、

『感情を表現する』

能力なのではないかと。


つまり、利用されるもされないも、付き合う相手ではなく、自分の付き合い方に原因があるのではないかということ。
※利用している側だって、実は頼っているだけのつもりで、必ずしも『利用』しようとしているわけではないこともある

まぁ要するに、全面的に味方し合える人間関係が正だとすると、それはポジティブもネガティブも含め、感情をありのまま表現し合える関係の上にこそ、成り立つもんなんじゃないかと感じるのだ。
※『利用されてる』と感じているなら、それはそれで、相手を傷つけない程度に表明すべき

真面目に生きてきた人だからこそ、ネガティブを否定して、頑張っていたりもするんだけど、

ネガティブを見せ合っても尚、保てる人間関係こそが、本当の絆なんじゃないのかな。


と考えていくと、多少生きる勇気が湧いてきました。私が。
[PR]
by tokyo100k | 2014-06-17 00:00 | 仕事 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k