落語の表現力に驚かされた件

落語ってぇのは、
着物の人が座布団の上で、やたら"うまいこと"いいながら江戸の話をしているもんかと思ってたけど、

いやいやそんな甘っちょろいものではなくて、

さすがは座布団の上という限られたスペースで、1人が何役も演じ分けるだけのことはある。

声のトーンや目線の扱い、顔の角度や体の動きと、

あらゆる表現技法が凝縮された、奥の深〜い芸能じゃねぇか!

…と、落語の枕風に書いてみたのですが、伝わりましたでしょうか。

今日はプロの落語家さん(三遊亭楽天さん)に落語を習ってまいりました。

a0106978_16095591.jpg


世の中便利になったもんで、ソロモーノという30代&40代の女性向けの「はじめて」体験サイトを利用したのです。

落語レッスンは学ぶところが多く、

〇〇に見せたければこういう動きをしようとか、
△△を伝えたければこういう間の取り方をしようとか、

「見せ方」について、どれだけ無自覚に生きてきたのか恥じるほど、身につけたい技術だらけでした。

落語はプレゼンであり、実況中継であり、演劇でもあるんですね。

先日のラジオ以来、ボイトレ通うか考えてたけど、落語のほうがいいかもしれない…!
[PR]
Commented at 2015-12-29 12:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tokyo100k | 2015-12-27 00:00 | 教養 | Comments(1)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k