じわじわ愉しい!境界歩きのすゝめ

文京経済新聞の取材で、「境界歩き」をしてきました。

境界歩きとは、
文京区と隣接する千代田区、台東区などと区界になっている道をひたすら歩き、

「おぉー、ここが…」
とか唸りながら、以下のような写真を撮ることw

a0106978_01503332.jpeg

…まるでタモリの世界ですが、それもそのはず。

案内してくださった「境界協会」の主宰、小林さんは、あのタモリ倶楽部にも出演したことがあるらしいー(やっぱり!)


文京区と、隣接する区の境界は、基本、江戸時代の土地区画か、川が基準になっているそうで、

そういう目で見て歩いていくと、
今の東京大学は加賀藩の武家屋敷だったんですねー、とか、
台東区との区界は、かつて川が流れていたんですねー(今は暗渠)、とか、

目に見えている世界から、
目に見えない情報までが、想像できるようになるのです!!!


私は常々、
限られた資源で人生を楽しむには、こういう知恵が不可欠だと考えていて、

「アレがない、コレがない」と嘆く暇があるなら、
ちょっと違う視点から、今あるものに価値を見出す。

そういうことのできる人を本当に尊敬しています!!!


以下、道中のちょっとほっこりした写真たちです。

①千代田区との区界にある「坂のホテル」。シチリア島っぽく(笑)週末トリップによさそう。

a0106978_01511978.jpeg

②東京が「東京市」だった頃の石碑(?)が残る宮本公園(神田明神裏)

a0106978_01520618.jpeg
③「伝統」に対するただならぬ気合を感じる、伝統医学教育会の看板。

a0106978_01541057.jpeg
④覗いてみたい骨董屋。

a0106978_01550501.jpeg
⑤湯島のホテル街の猫。谷中辺りの猫と比べて、酸いも甘いも嗅ぎ分けてきた感。

a0106978_01552371.jpeg
⑥同じく湯島の居酒屋。パンダ、西郷、寅さん、タモリという秀逸なメンバー!!

a0106978_01553859.jpeg
⑦ステンドグラスが素敵な建物。

a0106978_01555995.jpeg
※今回の取材記事は、そのうちこちらに出るはずです。

[PR]
by tokyo100k | 2016-03-26 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k