電力を選んで買える時代が来た件

電力自由化から1ヶ月。
皆さん、手続きはもうお済みでしょうか?

かくいう私は、
「東電にはもう払いたくない!」
とか、息巻いていたものの、

料金シュミレーターでは違いが分からず、

現政権に不満があるくせに投票に行かない若者、のような状態で
1ヶ月が過ぎてしまいました。

a0106978_17584861.jpg

そんな中、
『パワー・トゥ・ザ・ピープル』という映画を見て、一転。

東電=原発に払いたくないなのに、料金だけで比較するのが間違っていました。

どうやって発電しているか

そこで比較なければ。

a0106978_17584881.jpg
映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』は、
自然エネルギーによる電力供給に成功した、
北欧の市民団体を追ったドキュメンタリー。



ちょっと情報量の多い映画で、消化し切れてないんですが(笑)

より安全な電力を求め、地域で自給自足することは、
グローバル化する少数の大企業への依存から脱することであり、
省エネしているにもかかわらず、
地域や人の生産性を上げることである、と。

a0106978_17584898.jpg
子供の貧困、ブラック企業、都知事の湯河原からバスの事故まで
既存の権力構造に端を発する、数々の問題。

嘆くだけなら簡単だけど、
それを許してきたのは国民なのであって、

電力が選べなかった時代ならまだしも、
選べるにもかかわらずそのままにするのは、
知らず知らず悪に加担してしまうことを意味するのかも、、、

と思ったら黙っていられませんでしたので、
今日は真面目に書きました!

a0106978_17584854.jpg

映画の上映会は
下北沢「cafe Stay Happy」さんにて。

[PR]
by tokyo100k | 2016-05-01 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k