カテゴリ:教養( 59 )

2/23のまとめ
・うまくいったこと
→朝からジョギングで出社!
1日中気分よく、頭も冴えてパフォーマンス上がった↑

→同僚の相談聞いてたら立ち話で1時間も経っていた!
まぁ喜ばれたので○

・違和感のあること
→「周りがやるなら自分もやる」って考え方。

弊社のサービスが「全国でどのぐらい利用されているか」資料を求められる。まぁよくあることだけど、周り関係なく決めちゃうタイプの私には、昔から違和感。こういうオーダー。
※イヤだってわけじゃありません

世の中には「合理性」や「必要性」だけで決まらない部分があり、
過去の実績とか周囲の意見とか、今あるものを捨てるコストとか、いろんな要素がモノをいう。
うーん、でもそれって、「みんなの価値観が一致している」とか「今あるものがこれからも変わらない」とかって前提に立った場合だよねぇ。これだけ変化の激しい時代に、ゼロベースで考えないで、どうやって生きていくつもりなんだろう?

ちなみに即日新規受注(これはこれで○)。

今日のニュースに対するコメント
同級生の桑田さんと何が違うんだろう?と考えたときに「ドラフトで巨人」を挙げる人が多いけど、何かそれは「出世すれば幸せ」とか「結婚すれば幸せ」とかいう理屈と同じ気が。
要は自分の実力をどう評価して、自尊心とのバランスを取っていくか。そこに周囲(球団とか)の目を入れるから、繊細な人が狂っちゃうんじゃないかな。

この前、五輪のマラソン代表が決められないニュース見たけど、
協会みたいな古い体質(イメージです)のところに、岡ちゃんみたいなチャレンジ精神(地方のチームを立て直したとか)の人が切り込んでもらいたい!
にしても、白羽の矢の立った理由が「昔、居候してたから」w

正直素人には、どんな基準か分からない。。。
原発しかり、賞味期限しかり、日本は「基準(法律)さえ通っていればOK」みたいなところがあるけど、
例えば姉歯さん(懐かしい)の建物が東北の震災ではビクともしなかったとか、入国管理局の外国人労働者に対する基準が厳しすぎて、「誰でも不法滞在になる」レベルだったって聞いたことあるぞ。

[PR]
by tokyo100k | 2016-02-23 00:00 | 教養 | Comments(0)
2/22のまとめ
・うまくいったこと
→飲み会で適切なタイミングで水注入!
★★★で帰宅することに成功。
あれ以来一度も失敗なし(えへん)

・違和感のあること
→いちいち「お伺い」を立てなければならない今の環境。
会社の図体と社会的影響力が大きくなりすぎて、
公権力的なものと接する機会が増えたため、
社内環境までそれに似てきてしまっている(気がする)!

私がこの会社を好きなのは、
図体の割に変わり身の早いところであったのに、

図体が大きくなったために思考停止してしまうなんて!
新卒で入った、あの会社を思い出す…。

変わり身の早さは、スピード感を保つために失敗を許すことと同義。
それを失うことはDNAを失うことだと思う。

今日のニュースに対するコメント
民主と維新合流へ 党名変更も検討 24日に党内手続き着手
政権取らなきゃ(No.1でなきゃ)やりたいことが出来ないのは分かるけど、
だったら何がやりたいのかを明確にして欲しい。
って、どっかで聞いたことあるな。
にしても、結局のところイメージで投票してしまう国民が多いってことを
示唆する文面である。ロゴより先に検討することあるでしょ。

北海道母と祖母殺害:女子高生の姉、殺人ほう助罪認める
私は心の強い母に育てられて良かったなと思う。
こうなる人とこうならない人は何が違うんだろう?
それを調べて横展開できないか、に興味。次回ラジオのテーマかしら。

小林麻耶も! 多くの人のどん底救ったさんまに「神」「偉大すぎる」の声
周りの目は気にするな。お前はお前なんや。ってことですよね。
強い個性は、一部に嫌われる可能性もあるけど
その自由な姿に共鳴する人も多いはず。ふなっしーとかw
逆に「みんなに好かれる」が欺瞞に満ちているということは
SMAPやベッキーで、明らかになったはず。

[PR]
by tokyo100k | 2016-02-22 00:00 | 教養 | Comments(0)
年末より、ちきりんの「マーケット感覚を身につけよう」を読んでいます(2回目)。

これは人気ブロガーのちきりんさんが、
「変化の激しいこの時代を生き抜くには、会社ではなく組織でもなく、『市場』に認められる人になる必要がある」と説いている本で、
そこに必要な能力が、自分の市場価値を正しく見極める能力=「マーケット感覚」なのです。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

ちきりん / ダイヤモンド社



ってこの紹介だけだったらお金に興味のない私は多分買わないのですが、
2回目読んでみて思ったこと。

この本は、マーケット感覚といいながら、実は世界平和に言及している!!!



グローバル化と少子高齢化の波に晒される私たち。

既存のものを(既存の価値のまま)売るだけでは、ゼロサムゲームにしかならず敗者が生まれる。

しかし!
既存のもの(自分という商品も含む)でも「新たな価値」さえ付与できれば、争いを起こさずに稼ぐことが出来る、というようなことを豊富な事例と共に紹介しているのです。



昨日から仕事始め。

実は全然やる気になれず、しかしサボれる性格でもないので、何故か何故かと考えていたら、

今自分のしている仕事が、ただのゼロサムゲームにしか思えなかったことが原因でした。

大きな理想を語りながら、実態が競合との潰し合いにしか見えないのであれば、目の前の仕事は、ただの作業に成り下がる。

こういうとき、会社の状況や方針に原因を求めるのは簡単ですが、

ちきりん読んで気がついた!

本当の原因は、私の想像力不足にあり、コミュニケーション不足にあり、理想と現実のギャップを感じながらも放置した、思考停止状態にあったのです。

みんな頑張ってるんだから、私も頑張らなければ!

新年早々反省~。
[PR]
by tokyo100k | 2016-01-04 00:00 | 教養 | Comments(0)
落語ってぇのは、
着物の人が座布団の上で、やたら"うまいこと"いいながら江戸の話をしているもんかと思ってたけど、

いやいやそんな甘っちょろいものではなくて、

さすがは座布団の上という限られたスペースで、1人が何役も演じ分けるだけのことはある。

声のトーンや目線の扱い、顔の角度や体の動きと、

あらゆる表現技法が凝縮された、奥の深〜い芸能じゃねぇか!

…と、落語の枕風に書いてみたのですが、伝わりましたでしょうか。

今日はプロの落語家さん(三遊亭楽天さん)に落語を習ってまいりました。

a0106978_16095591.jpg


世の中便利になったもんで、ソロモーノという30代&40代の女性向けの「はじめて」体験サイトを利用したのです。

落語レッスンは学ぶところが多く、

〇〇に見せたければこういう動きをしようとか、
△△を伝えたければこういう間の取り方をしようとか、

「見せ方」について、どれだけ無自覚に生きてきたのか恥じるほど、身につけたい技術だらけでした。

落語はプレゼンであり、実況中継であり、演劇でもあるんですね。

先日のラジオ以来、ボイトレ通うか考えてたけど、落語のほうがいいかもしれない…!
[PR]
by tokyo100k | 2015-12-27 00:00 | 教養 | Comments(1)
これは、今の仕事に不満とか、そういうことでは全くなくて、

もっと自由に、好きなことや好きな人とばかり関わり合えたら!

という話。

a0106978_23125056.jpg


本日は、ゲストハウス紹介サイト「FootPrints」の前田さん(写真)と、「縁側なび」の成瀬さんが出るトークイベントに参加。

それぞれのテーマに行き着いた経緯から、実際食べていけるかも含めた今の暮らしぶりについてなど、

最近ではメディア露出も増えている彼女たちの「等身大」に、

「私もちょっとは出来そうかな?」と、背中を押されることばかり。

実は前田さんとは元同僚で、当時から凄いエネルギーだったけど、いよいよ本領発揮という今の顔を拝むことができ、

自由に生きる彼女を見て、私も自由になりたくなったと(単純)。



自由になりたい理由はこれだけでなく、

この頃ラジオを始めてみたり、今までぼんやりと憧れていたことが、向こうから近づいて来た気がするのだ。

ばぁーーーっとばら撒いておいた種が、少しずつ芽を出してきたような。。。

いっそのこと退路を断つ…ほどの勇気も必然性もないけど、

いつか来たその日に、どういう世界を実現したいかだけは、せっせと考えておこうと思う。

[PR]
by tokyo100k | 2015-12-20 00:00 | 教養 | Comments(0)
今住んでいる街にずっと住みたいので、ちゃんと根を張る方法はないかと考えた。

街の人と結婚して、子供を産むのが早いっちゃ早いのだが、
そんな他力本願なことを頑張れるタイプでもないので、
「社会起業講座」に応募したところ、何と抽選に当たってしまった!

第1回は10日後。
受講案内には、「企画内容をまとめてこい」とあるが、酔って書いたから覚えてないよ~!

ということで、ここは今一度、「区を利用する」に思い至った、自分の実現困難そうな夢に立ち返ることにしよう。
小学生みたいなタイトルだけど、今の私に、これ以外の欲は何もないのだ。



【将来の夢】(私のWin)

・古民家に住みたい
・着物で生活したい
・観光案内とか日本語教室とかしたい
・庭に畑を作りたい
・そこで取った野菜でホームパーティーをしたい
・国籍も年齢も性別も問わないコミュニティを作りたい
・豆柴と三毛猫を飼いたい

まぁ平たくいうと、蔵前辺りにある外国人向けのゲストハウスみたいなことに、着物だったり自分の生活だったりを加えたいイメージなのだが、これに「区を利用する」ための味付け。


【企画内容】(区のWin)

・古民家に住みたい→住む人のいなくなった古民家の再生
・着物で生活したい
・観光案内とか日本語教室とかしたい→着物で案内、で区内インバウンド増加
・庭に畑を作りたい
・そこで取った野菜でホームパーティーをしたい→「自然豊かな都心」のコンセプトUP
・国籍も年齢も性別も問わないコミュニティを作りたい→区民の交流が生まれる
・豆柴と三毛猫を飼いたい→これはまぁいいや

つまりは、この区内に既にある資源を利用し、今よりもっと多くの人にこの区の魅力を知ってもらう、という話を、
区内に昔から住んでいる人(オールドカマー)と新しくやってくる人(ニューカマー)との交流が生まれにくい、みたいな話をどっかで聞いたため、これは将来的に区の社会課題になりますよ、的な論調で展開したのであった(書いてるうちに思い出した)。


この街の魅力は、ずばり「古さ」。
古さだけは、作ろうと思って作れるものではないので、そこに敢えて、光を当てたらどうなるか。

今でも「文京さんぽ」とかいって中高年の団体が求めて来る、文豪の旧居だったり古民家だったりがちゃんと残されていて、
そこをぞろぞろ歩いている人が、みんな着物を着ていたりして(レンタルもいいですね)、
拠点となる古民家では、新鮮な野菜で作られた軽食を食べながら、
普段の生活では出会うことのできない世代や属性の人とフラットに会話することができ、

みんな、いい日だったなと思いながらその日を終える。

うーん、何か素晴らしい☆

取り敢えず拠点となる古民家を見つけ、文京さんぽしてる人たちに、観光案内か着物レンタルから始めるんだろうな~。


それよりこの連休、ほぼ3日寝込んで過ごした私には、
「夢」を考えるまでに復活できたことが、まずありがたくて仕方ないわ。

健康って素晴らしい。

[PR]
by tokyo100k | 2015-10-12 00:00 | 教養 | Comments(0)

浴衣、虹、夜景、花火

「浴衣で納涼船企画」

に、行って来ました土曜日。

a0106978_17445293.jpg

浴衣で集まり港に着いたら、虹、虹虹虹!

a0106978_1744536.jpg

船からは東京の夜景と、遠くの空に荒川花火。


「刹那」

そんな表現が似合う夏の宵は、

儚いぐらいで良いのかな。
[PR]
by tokyo100k | 2015-07-18 00:00 | 教養 | Comments(0)

石巻で考えたこと

光のように去った1月。

最後の日は、石巻にいました。

a0106978_23141438.jpg

昨年末に蒔いた種が、一気に芽を出し始めた1月。

新しいことを始めるのは不安。だけど走っているうちに、慣れる、ということも分かってきました。


理想の世界があるのなら、さっさと始めてしまえばいい。今の自分は未熟でも、志向が未来を創ってくれる。


1月31日は、晦日正月という日です。

1月を整理して、2月への準備をする日は、

濃密で、有益で、オープンドア感に溢れる2015年を、占うような1日でした。

[PR]
by tokyo100k | 2015-01-31 00:00 | 教養 | Comments(0)
a0106978_23435827.jpg
東北地域を考えるワークショップに参加している。

社会の負を解決する。そういうビジネスの出来る人材を、会社が育てたいらしい。



近未来の日本は、建国以来初の、人口減少社会である。

これは問題というよりも事実。

放置すれば、やがて「負」として表面化する、今はまだ種だとしても、

予期せぬ震災によって、超高齢化時代を迎えた東北では、既に種は発芽している。



ワークショップは奇しくも、阪神大震災から20年後の、1月17日に始まった。

社会の負を考える、ファシリテーターとして現れたのは、

留学ならぬ「留職」を提唱するNPO法人クロスフィールズの皆さん、

在宅医療を通して、孤立する高齢者の支援をしている祐ホームクリニックの園田さん、

そして東北をリードする経営者たちに「右腕」となるパートナーを派遣するNPO法人ETIC.の山内さん。



そもそも東北とは縁もゆかりもない皆さんの、熱意と行動力に溢れたスピーチを浴びるほど聞き、

原発もない、基地もない、優遇された都会で便利に暮らし、それでもアレがない、コレがないと嘆く生活に疑問を感じると共に、

しかし皆さんは、私のような凡人とかけ離れた存在なのかといえばそうでもなく、

光を当てるべきはまず、

社会の負というものを、対岸の火事で済ませないこと。

次いでファシリテーターの皆さんに共通している、

マクロな問題意識と、ミクロな課題解決能力、そして苦しい局面を共に克服する仲間を得ること。

そんなことを強く感じた、ワークショップ1日目。



これさえあれば、私だって(あなただって)同じように、人生を本当に意味のあることに使えるはず。

大それたことは出来なくても、たとえ少しずつだったとしても。

[PR]
by tokyo100k | 2015-01-17 00:00 | 教養 | Comments(0)
a0106978_17542199.jpgフィリピンはセブ島の近くに、カオハガンという島がある。

開発の手を免れたその島では、自然と人の生活が見事な調和をなし、それに魅せられた日本人の崎山さんという人が、島を買い取り、持続可能な社会作りを始めた。


…そんな話を本で読んで、今年の5月に現地を訪問。

確かにそこで体験したのは、生きているだけでいい、それだけで充分いい。そんな価値観だった。


原宿で、カオハガンに関するワークショップが開かれた。

直感で参加した。直感は正しかった。


入口はカオハガン。だけど初対面の皆さんと、ここまで深い話が出来るとは!

ちょうどわたしが考えていた、サードプレイスについてとか、一番大事なのは『温かい空気』なんじゃないかとか、出来れば自分が愛情の発生装置みたいになりたいもんだとか、ぐちゃぐちゃうわぁーっと考えすぎて、頭痛くなって寝た(>_<)


ら、その2時間後!

サードプレイスを体現する人に呼び出されて、5時間ぐらい語り抜く。

20歳ぐらいからずーっと考えてきたこと。身を粉にして働いてでも、貢献したい何かを見つけたい、ってこと!


(何が何だかわからんでしょうけど)私たちには、実現したいことがあるのだ。

[PR]
by tokyo100k | 2013-11-24 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k