カテゴリ:教養( 56 )

「ちひろ 花の画集」展

a0106978_1493048.gif
a0106978_1494145.jpg

ストレスの原因は、人によっていろいろ。私の場合は、「うつうつ型」60%+「いらいら型」40%らしい。

今、自分のいる場所は、本当にいる「べき」場所なのか。自分の未来や価値観に対するぼんやりとした不安(うつうつ)。「べき」とか考えてしまう真面目さが、更に不安に拍車をかける(いらいら)。

花を描き続けた画家、いわさきちひろの展覧会へ。

最近自分の価値観に、迷いも多く、未来は不安で。花と暮らし、花と創り、理想を生きたその人に、少しでも学ぼうと。

そして、ぼんやりとながら考えたこと。

理想と現実の差を嘆く前に、現実を肯定することかな、と。理想って多分、急に来るものじゃないし。「今日を理想的に、今日を理想的に」と努力した積み重ねが、自分を理想に導いてくれるんだろう、と。

究極は、明日いなくなっても、後悔のないように生きること。人生は、長い。
[PR]
by tokyo100k | 2009-04-29 00:00 | 教養 | Comments(2)

情けは人のためならず

a0106978_091686.gif

昨日、ちょっと嫌なことがあって、それ自体大したことではないのに、今日も気分は重かった。

昼過ぎ、予定通りシブヤ大学へ。今日のテーマは、「情けは人のためならず」。

昨日のもやもやの原因が、自分の中にあったんだって、嫌というほど気づかされた。中途半端な「情け」は、何の役にも立たないのだ。

そして、「取るか取られるか」しかなかった、今までの私。人も、そういう目で見ていた。

頭の中がぐるぐるぐるぐる。

分けるのが嫌。負けるのが嫌。「出来ないから」と、断るのが嫌。

出来もしないことを、出来るふりをして、結局自分の首を絞める。その割に傷つきやすくて、ますます人を避ける。

面倒臭い。面倒臭いです。自分が。
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-18 00:00 | 教養 | Comments(2)

亀戸天神境内

a0106978_016986.jpg広重の「名所江戸百景」は、江戸の庶民のガイドブックだった、とは以前にも書きましたが、実は現代人の私にも、結構役に立っていて。

すっかり江戸歩きが面白くなって、今日は亀戸天神へ。絵の中の景色がそのまま残る、数少ない場所でもあります。


**************************************************************************
a0106978_1951619.jpgの蕾もほころぶ陽気。

境内は賑わって、江戸の庶民を見守った祭神さまも、今は「志望校合格」を願う絵馬でいっぱい。

a0106978_19522515.jpg近所の和菓子屋さんも、受験シーズンを感じさせます。10年前の今頃、私も「頭脳パン」をかじっていたっけ。
[PR]
by tokyo100k | 2008-02-16 00:00 | 教養 | Comments(0)

旧前田伯爵邸

東京は、色とりどりの宝石箱。

その蓋を開けてみれば、今まで、見ていたようで見ていなかった世界が、目の前に広がる。。。

a0106978_0252737.jpg

駒場公園にある旧前田伯爵邸は、昭和4年に完成した洋館。戦前の昭和という、近くて遠い時代の面影が、意外な近場に残されています。

a0106978_027115.jpg

豪華な洋館の隣には、雰囲気が和む、素朴な和館も。

そして中庭に廻れば、きらきら光る健康的な草。。。

a0106978_0272583.jpg

東京は、色とりどりの宝石箱。流行のデザインもあれば、おばあちゃんの形見もあるのです。
[PR]
by tokyo100k | 2007-09-17 00:00 | 教養 | Comments(0)

司馬江漢

a0106978_1482228.jpg

いかにも暑そうな夏空の青に、百日紅の白が映える。

そんな中、汗だくになりながら向かったのは、山の中腹に建つ静岡県立美術館

目的の司馬江漢は、ある日、ある夢に出てきた、江戸時代の浮世絵師だ。

a0106978_1761598.jpg

それは私が、生き方に迷い、「自分の前世を知りたい」と、心の底から願っていた時のこと。私は夢の中でインターネットをしていて、突然、見も知らない人名を、Yahoo!の検索バーに打ち込んだ。

「来た!」と、寝ながらも感じた私は、すぐさま起きて実際に、その名をYahoo!で検索。すると、その名を幼名とする、司馬江漢が現れた、というわけ。

何とも奇妙な夢であり、彼自身、奇妙な人だったらしいけれど、何かのヒントではあるのかも、と今でもちょっと、期待している。


[PR]
by tokyo100k | 2007-08-14 00:00 | 教養 | Comments(0)

名所江戸百景

a0106978_23311620.jpg

歌川広重、最晩年の作品である「名所江戸百景」は、江戸の庶民にとって、写真集のような、ガイドブックのような存在だったそうです。

数百年の時を経て、今なお感動を与えてくれる江戸の風景。同じ土地を舞台に働き、生きる現代の東京人は、数百年先の未来に、何を残すことが出来るだろう。

そんな興味から生まれた、「東京百景」という名のブログです。

a0106978_23264398.gif
[PR]
by tokyo100k | 2007-07-29 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k