<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祐天寺

韓国は慶州に、仏国寺という名刹がある。釜山に住んでいた頃は、季節ごとに出かけていた場所。何がそんなに好きだったのか。考えても考えても、「光の射し方」としか表現出来ない。。。

同じ光の射し方を、意外な近所で見つけられた。

a0106978_22333965.jpg

祐天寺。

東横線なら、急行で通過してしまう駅。足を止めて、目を留めて、思考を停めて。

見えないものは、見ようとしてないものだから。
[PR]
by tokyo100k | 2007-11-23 00:00 | Comments(0)
a0106978_3595778.jpg

フィラデルフィア美術館展とかけて、台湾の占い師と解く。

その心は、「世界は常にシンプルである。」

絵は、描いたように描かれる。筆跡は、走らせたように走る。フィラデルフィア美術館展を見ての感想。凄く当たり前のことだけど、私はしょっちゅう忘れてしまう。

台湾で占い師に会ったのは、今から5年前のこと。物事を複雑に考え、勝手に面倒臭くしてしまう癖のある私に、占い師は、
「難しく考えるな。ただニコニコしていれば良い。」
とだけ、アドバイスしてくれた。素直に従った数年間、それで全てが好転した。

そして時間が経ち、また元に戻ってしまった。最近、ニコニコ出来なくなっていた。そして、フィラデルフィア美術館展。油彩画の筆跡が、思い出させてくれた。

世界は常にシンプルである。難しく考えるな。ただニコニコしていれば良い。
[PR]
by tokyo100k | 2007-11-22 00:00 | Comments(2)

ティファニー展

a0106978_22544923.jpg

感性が最も豊かだった年頃に、オードリー・ヘプバーンに心酔していた私。ずっと忘れていたけど、結婚指輪は、絶対ティファニーと決めていた。

開催中のティファニー展は、意外にも凄い混雑で。輝く宝石が万人を魅了する。そんな光景を目の当たりにしながら、宝石の存在理由なんかを考えていたら、急に自分が、恥ずかしくなってしまった。

女は、死ぬまで女でいなければならないのだ。それも、宝石の似合う女が良い。ところが私はどうだろう。28歳にして既に、女を忘れてかけていた。

結婚指輪にティファニーを、貰えそうにない自分に理由をつけて、磨くことから逃げていたのかもしれない。磨き、傷つくことからも。
[PR]
by tokyo100k | 2007-11-18 00:00 | Comments(0)

Great Ukiyoe Masters

a0106978_22375622.jpg

東京に住んでいれば、世界中のものが見られ、食べられ、感じられる。
という基本的なことに、上京後10年にして、やっと気づいた私。

日本には何もない、見るべきものは、海の向こうにある!
と本気で思っていた、過去の自分に教えてあげたい。本当に見るべきものは、日常の延長線上にあるのだと。視野が広いつもりの、罠にかかってはいけない。

松涛美術館は、家から徒歩30分。浮世絵の中の花と、女性と、和服の柄の美しさと、作品の所蔵がアメリカの美術館だという事実に、いろんな意味で頭を打たれた。
[PR]
by tokyo100k | 2007-11-11 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k