<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅 -亀戸天神-

春の予感。

a0106978_074980.jpg

a0106978_23521976.gif東京都江東区亀戸
[PR]
by tokyo100k | 2008-02-16 00:00 | Comments(0)

亀戸天神境内

a0106978_016986.jpg広重の「名所江戸百景」は、江戸の庶民のガイドブックだった、とは以前にも書きましたが、実は現代人の私にも、結構役に立っていて。

すっかり江戸歩きが面白くなって、今日は亀戸天神へ。絵の中の景色がそのまま残る、数少ない場所でもあります。


**************************************************************************
a0106978_1951619.jpgの蕾もほころぶ陽気。

境内は賑わって、江戸の庶民を見守った祭神さまも、今は「志望校合格」を願う絵馬でいっぱい。

a0106978_19522515.jpg近所の和菓子屋さんも、受験シーズンを感じさせます。10年前の今頃、私も「頭脳パン」をかじっていたっけ。
[PR]
by tokyo100k | 2008-02-16 00:00 | 教養 | Comments(0)
a0106978_124728.jpg「名所江戸百景」に見る、現在の西新宿です。高層ビルはもちろん、池のほかには民家さえない、郊外の景勝地だったそうです。

現存する「角筈」「十二社」などの地名を糸口に、当時の面影を探してみます。
**************************************************************************a0106978_2262122.jpg西新宿の高層ビル群に、ぽっかり開いた穴のような、新宿中央公園。その北西端に、熊野神社が建っています。当時を知る、唯一の存在です。

絵の中の「池」は、完全に埋め立てられてしまいましたが、地形を見ると、何となく坂になっている。水溜りがあったのは確かなよう。

a0106978_2264586.jpg歩くうち、「西新宿」らしからぬ風情が気になり出して、更に奥へ進んでいくと、ぼろアパートに花。何だろう。「神田川」の世界かも。

高層ビルのすぐ脇に、新宿人の生活がある。裏新宿、オモシロイ。
[PR]
by tokyo100k | 2008-02-11 00:00 | Comments(2)
画家の父と映画監督の息子。親子のルノワールを並べて見せるという、斬新、且つ芸術が身近になる展覧会です。

父の作品の隣には、テーマの同じ息子の作品。普段は額縁の中で黙っているしかない名画が、映画という「動き」を得て、生き生きと喋りかけてきます。

a0106978_23282138.jpg

親子。因縁。似ようとしなくても似てしまう、のか。

そして芸術家とは、何か特別な境遇に恵まれて芸術家になるのではなく、もっと素朴に、家族だったり、自然だったり、そういうごく身近なものと過ごす時間を大切に、豊かに感じ、それを表現しようとする人に過ぎないのかもしれない。なんて、相変わらずとりとめもないことを考えてしまいました。

『絵を見る時、目は絵そのものを見ているのではなく、絵の向こう側にある、感性を見ているのだ。』
[PR]
by tokyo100k | 2008-02-02 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k