<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無窮花

「むくげ」の花は、韓国では「無窮花」と呼ばれ、国花にも指定されている。

「無窮」とは、果てしないこと。永遠。花期が長いことから、そういう名前がついたらしい。(いろんな意味で)体力のある、韓国人に相応しい花だ。

a0106978_103164.jpg

日本の国花は桜。揃って咲き、潔く散る花。今の日本人は、果たして桜に相応しいだろうか。

[PR]
by tokyo100k | 2008-07-20 00:00 | Comments(0)

結婚という名の

a0106978_9305419.jpg

船旅は、乗ってしまったが最後。

列車のように、簡単に乗り換えが利かないだけでなく、ゆっくりでも確実に、遠くまで行ってしまうものである。

私にとって、結婚のイメージははそんな感じ。慎重になれば、なるほど出来ない。別れることを×とするなら、未来なんて予想出来るわけがない。

そのために、恋とか若さとか、あるんだろうけど。

※写真と本文とは、全く関係ありません。

[PR]
by tokyo100k | 2008-07-19 00:00 | Comments(0)

Skyline, 20XX

世田谷区在住の写真家、勝又邦彦さんの展示を見ました。

「Skyline」という、東京や郊外、また外国の「そら」を切り取った作品は、その世界に入り込むほど、複雑な思考から、開放される感じがしました。

そらはどこでもそらであって、「東京の」とか「NYの」とか、属性なんか決まってないんだ、という、そういう感じ。

a0106978_941451.jpg

来年、30歳になります。

0歳から今まで、過ごした場所を見て歩きたい。地上の景色は違っても、そらは、きっと、同じ。
[PR]
by tokyo100k | 2008-07-18 00:00 | Comments(0)

ひかりのあめだま

優しい人と喧嘩する。私は決まって家を出る。

家の周りをふらふらする。光の飴に癒される。

a0106978_112677.jpg

優しい人が怒るのは、怒らす私が悪いのだ。人は私の鏡であって、その責任は私にある。

分かってるのに実践出来ない。それは、理屈だけで動いてない"証"。

そう、理屈じゃない。理屈じゃないのに。

もう少し楽になりたい。
[PR]
by tokyo100k | 2008-07-17 00:00 | Comments(0)

ひかりのまち

a0106978_10295049.jpg

東京の街は汚いとか、空気が悪いとか、文句をいう人がいます。確かに星は見えないし、水も飲む気になれません。

でも、自分が生活する場所を、キレイと思えるかどうかって、実はその人その人の、感性による部分が大きいのかも。

a0106978_0552669.jpg

東京の空に星がないのは、地上に星が、ほら、キラキラ輝いているから。
[PR]
by tokyo100k | 2008-07-13 00:00 | Comments(0)

アメンボ池の解釈

「法律を学ぶこと」は、条文を覚えること、ではない。法律を学ぶことは、法律という文章をどう『解釈』すれば、問題をより良く解決出来るか、を、学ぶこと。

7年前まで、曲がりなりにも法学部生だった。『法律は解釈だ』。眼から鱗だった。

大人になり、芸術に触れるようになった。

そして分かった。芸術も、『解釈』なのだと。

世の中は、素晴らしいことばかりではないけれど、素晴らしい芸術を通して、体験する世の中は常に素晴らしい。要するに、素晴らしいのは世の中そのものより、芸術家の解釈なのだ。

a0106978_154340.jpg

そう考えていくと、もう何もかもが、『解釈』のように感じられる。

例えば働くこと。マニュアル化された業務でさえ、(効率)良く働けるかどうかは、何を省き何を残すべきかという、自分の解釈次第なわけだし。

例えば生きること。限られた時間と資源の中で、人生を(精神的にも肉体的にも)全う出来るどうかは、何を生きる目的に感じ、何を目的外に感じるかという、自分の解釈次第なわけだ。

a0106978_154543.jpg

雨の鎌倉。アメンボ池で膨らむ思考。往復2時間と、2000円で出た回答。人生は哲学で、哲学の応用は数学だ。

a0106978_23112797.gif
KAMAKURA, KANAGAWA

[PR]
by tokyo100k | 2008-07-05 00:00 | Comments(2)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k