<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

源氏物語の1000年

a0106978_0124430.jpg「ゆう」という字を辞書で引く。

自由の「由」、優雅の「優」、悠悠自適の「悠」。私の名にもそういえば、余裕の「裕」が。「ゆう」って、好みの字が多い。

源氏物語の1000年紀に、絵巻や写本、装束、道具類が、全国から横浜に、集められたらしい。

もう、感動の連続。

機械なんかない時代に、優雅を完璧なまでに形にした、装束や道具類。悠悠自適に暮らした貴族の余裕が、それを生み、残したのだという感動。

そして今、私が源氏物語を楽しめる自由は、鎌倉、戦国、江戸、明治と、多くの人が感動し、それを繋いできた上に、成り立っているのだという感動。

何もかもが、奇跡のように感じられて。

「由」と「優」と「悠」と「裕」を、得たいと心から、願ったのでした。
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-19 00:00 | Comments(1)

情けは人のためならず

a0106978_091686.gif

昨日、ちょっと嫌なことがあって、それ自体大したことではないのに、今日も気分は重かった。

昼過ぎ、予定通りシブヤ大学へ。今日のテーマは、「情けは人のためならず」。

昨日のもやもやの原因が、自分の中にあったんだって、嫌というほど気づかされた。中途半端な「情け」は、何の役にも立たないのだ。

そして、「取るか取られるか」しかなかった、今までの私。人も、そういう目で見ていた。

頭の中がぐるぐるぐるぐる。

分けるのが嫌。負けるのが嫌。「出来ないから」と、断るのが嫌。

出来もしないことを、出来るふりをして、結局自分の首を絞める。その割に傷つきやすくて、ますます人を避ける。

面倒臭い。面倒臭いです。自分が。
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-18 00:00 | 教養 | Comments(2)

そばの花 -白-

「蕎麦の花」見に、ちょっと遠出。

a0106978_23582185.jpg

「食べ物のために遠出する人」はよく聞くけど、私の場合、花のための遠出が多い。

電車+徒歩で、往復3時間。行列の出来る蕎麦屋を尻目に、撮るだけ撮って滞在終了。その間、たったの30分。良いんだか悪いんだか、自慢の蕎麦には見向きもせず。

目的さえ果たせば良い。寄り道はしない。そんな自分が、たまに怖い。。。

[PR]
by tokyo100k | 2008-10-13 00:00 | Comments(4)

そばの花 -紅-

a0106978_23361896.jpg

[PR]
by tokyo100k | 2008-10-13 00:00 | Comments(0)

Skyline, 2000

a0106978_1647297.jpg

21歳は、人生最大の退廃期。最低限大学に行く以外は、働きもせず、家か、TSUTAYAか、映画館にいた。

映画は、暗いものばかり300本ほど。

いろいろ、いろいろ考えた。映画が伝えようとしたこと、映し出された社会の現実。楽しむより、苦しむために見ていた、ぐらい。

迷いが多かったのだ、その頃は。

就職。人間関係。恋。

狭い世界しか見えず、自分はもっと、大きな存在だと勘違いして。「視野が広い」とは、現実を知ることなのに。

今はそれも、若さゆえ。

a0106978_23521976.gif東京都千代田区富士見
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-12 00:00 | Comments(0)

生まれた頃に住んでいた、狭山を撮りに行ってみた。

小道を歩くと、垣根に「種」を発見した。めっきり見かけなくなった、朝顔の種。

a0106978_2131697.jpg

ママは29で私を産んだ。今は私が29。きっと、私という種を、宿して半年経った頃。

a0106978_23521976.gif埼玉県狭山市
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-11 00:00 | Comments(2)

光る雲間

幾多の偶然の上に、人生は成り立っている。

a0106978_23224756.jpg

だから。

味方につけよう。偶然を。
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-11 00:00 | 趣味 | Comments(0)

ウツクシクモエルソラ

帰還を、喜んでくれたのか。

a0106978_0115676.jpg

帰り際。夢中で走った。

[PR]
by tokyo100k | 2008-10-11 00:00 | 私について | Comments(0)

向こう側

「満足する」と、「期待しない」は、近い。

嫌な気分になりたくないから、欲を削って削って削って、善い人になろうとしていた。

結果、自分のやりたいことも、見えなくなっていたんだ。

a0106978_0102245.jpg

目の前、開ける。

1日の3分の1は労働。楽しまなくちゃ。

品行方正。常に安定。人を裏切ることがない。

も、いいけど。
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-11 00:00 | 仕事 | Comments(2)
印象に残る写真の条件は、

1. 技術が優れている
2. 視点が斬新である

以上の2点のような気がする。私の場合。

米田知子という人の写真は、見た瞬間、自分にも頑張れば撮れそうな(そして撮りそうな)写真のようでいて、実は、意味の重い重い写真だった。

正面の写真を見、右下に貼られた題名を見、すると、人類史を知る人なら、痛まないではいられない、そういう写真の連続。

終わりは始まり。終わりはないのだ。だから、少しでも今を、善く。

a0106978_21411828.jpg
「ウエディング-中国から北朝鮮を臨む国境の川、丹東」
[PR]
by tokyo100k | 2008-10-04 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k