<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

母と娘の北海道 -札幌-

最終日は、北海道大学を散策しました。

a0106978_0372286.jpg

人が環境を創るように、環境が人を創るのだとすれば、北大で学んだ人はきっと、のびのび大きく育つはず。

a0106978_0373911.jpg

人には全て、役割があります。

大きく生きるべき人、小さく生きるべき人。

どっちが偉いとか価値があるとか、そういうことじゃなくて。

「自分らしく」だと、思うのです。
[PR]
by tokyo100k | 2009-06-21 00:00 | Comments(6)
2日目は、しとしと雨に降られながら、富良野へ。

富良野といえば、何といっても倉本聰。昼食会場だった富良野プリンスホテルで、運良く「風のガーデン」を見学することが出来ました。

a0106978_136213.jpg

ドラマの中では、繊細に輝くガーデンでしたが、実際は広大な北海道らしく、花の咲き方がとっても豪快!種類も豊富で、花好き冥利に尽きました。

続く富田ファームは、「北の国から」に登場した、ラベンダー畑が有名。

a0106978_1315678.jpg

シーズンにはやや早め、だったけど、生まれたての花もなかなかのもの。

その後、パッチワークの路に歓声を上げながら、夕方には札幌に戻り、夜は「サッポロビール園」へ!

a0106978_141446.jpg

とにかく麦酒が、おいしかった!

私、30年の人生、少なくとも1000ℓ(=1t?)は飲んだ中で、右に出る味は、多分ないです。

母もほろ酔い、娘もほろ酔いで、明日はいよいよ最終日なり。
[PR]
by tokyo100k | 2009-06-20 00:00 | Comments(0)

母と娘の北海道 -小樽-

4月、娘は30歳に。6月、母は60歳に。共に節目の2009年、2人は北海道を旅しました。

1日目は小樽。駅前から「ボンネットバスで行くおたる歴史浪漫」を利用。

a0106978_1131013.jpg

小樽見物は、にしん漁で財を成した青山家の別邸「小樽貴賓館」から。

魚で屋敷が建つなんて、今では考えられないけれど、その昔、米作の出来ない北海道では、年貢をにしんで納めていたんだとか。

a0106978_1133237.jpg

車は運河沿いに進みながら、料亭「海陽亭」へ。

a0106978_1133924.jpg

海陽亭は、日露戦争直後に両国の要人が祝宴を楽しんだ場所。数々の資料に歴史を感じながら、居心地の良い場所というのは、今も昔も、変わらないんだと実感したり。

a0106978_1134718.jpg

さて、小樽といえば、硝子。

a0106978_1135342.jpg

昔、恋をしていた頃(19歳頃)、「ピアスを開ければ運命が変わる」と聞いて、開ける決心をしたのが、小樽の「北一硝子」でした。

a0106978_114117.jpg

ノスタルジックな雰囲気は、30歳を過ぎた今でも、乙女心をくすぐられます。

a0106978_114852.jpg

小樽運河の日は暮れて、街に明かりの灯る頃、大量の硝子製品と魚介類を抱え、札幌の宿に戻りました。
[PR]
by tokyo100k | 2009-06-19 00:00 | Comments(0)

スケジュール帳

a0106978_235044.jpg

昨年暮れに会社でもらった、スグレモノらしいスケジュール帳。

タスクはPC管理だし、ON/OFFはっきりさせたいし、ってことで、ずっと寝かせておいたものを、本日、半年ぶりに外の世界へ。

ON/OFFはっきりとか、そんな余裕もなくなってきた最近。ONを短く、OFFを長く、に、ちょっと本気で取り組まないと。

開くのが楽しくなるように、自分で作ったカレンダーを、日ごとに切って貼ってみました。
a0106978_12572617.gif
SETAGAYA-KU, TOKYO

[PR]
by tokyo100k | 2009-06-17 00:00 | Comments(4)

目黒不動尊

a0106978_20491029.jpg

朝、目覚めると体が重いとか、週末になると午後まで寝てしまうとか、忙しいピーク(=平日会社にいる時間)をちょっと過ぎてから感じるもの、それが疲労。

月曜日、出社拒否(?)してしまうのには、ちゃんと理由がある。

専門家によると、忙しいピーク=疲労を感じてなんかいられない時期には、気を張っているために制御されていたものが、安心した瞬間に崩れる、そういうことらしい。


働くのが大好きで、疲れ知らずな人もいるけれど、それは頭がそうさせているだけ。実際体は疲れているから、長生きは出来ないんだって。

a0106978_20483067.jpg

疲れたらパワーチャージ。パワースポット流行りの昨今だけど、実は人によって「相性」があるんだって。

私はの人。東京タワー、日光東照宮、善光寺辺りが吉。

それ以外にも相性良いのは、

東京大神宮、伊勢神宮、厳島神社etc.

今日はの人と、のパワースポットである目黒不動尊へ。


緑豊かな境内。

夏らしい西日に包まれて、池で水浴びする子、自転車で走り回る子。漫画みたいな狛犬も含め、良い意味で目黒らしくない長閑さが、楽しい気分にさせてくれる。

何か疲れちゃった。そんなとき、充電するのに丁度良い、身近なパワースポットだった。

[PR]
by tokyo100k | 2009-06-13 00:00 | 教養 | Comments(4)

6月6日

私の同僚で、「好きなこと」は頑張るが、「嫌いなこと」は完全に人任せ、という人(以下、田中)がいる。

嫌いなことは本当にしない。どんなに怒られようと、嫌われようと、絶対にしない。嫌いなことに関しては「出来ない子」を徹底している。

反面、好きなことには、優秀な田中。だから、周囲は特別視する。そして嫌いなことは、「出来ない」。だから、より優秀なことに集中しろ、となる。

a0106978_1523764.jpg

「好きだろうが嫌いだろうが、自分のことは自分でするべき」と考えていた私にとって、田中の登場は衝撃だった。

それが「演技」であるかないかは別にして、結果としては人を動かし、組織を動かしているわけだから。

金八先生の「人という字は」の世界。Aさんが苦手なことは、Bさんが得意。Bさんが苦手なことは、Cさんが得意。というように、そこに会社として結社する意味があるのだ。その程度さえ気をつけられれば、「田中式」も、ありっちゃあり???

a0106978_1533697.jpg

そしてまた田中が、楽しそうなのだ、毎日。小さな責任に、すぐ潰されそうになる私に、見習うべきは田中、なのかも。
[PR]
by tokyo100k | 2009-06-06 00:00 | Comments(12)

良い顔の人

昔通った食堂にて。

a0106978_1305382.jpg
なりたい、私も。
[PR]
by tokyo100k | 2009-06-05 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k