<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Skyline, 1992

上京前に住んでいた町に、10年ぶりに行ってみました。同級生の家、犬に吠えられたアパート、制服を買った呉服店。変わったものと、変わらないものが、混じって。

米屋の子は米屋を継ぐ。だから町に米屋が残る。田舎は人の営みと、町の営みが繋がって見える。

都会で生活していると、そういうことを忘れてしまう。自分が自分だけで生きているような、錯覚に陥ってしまう。

都会と田舎。人と町の間に、介在するもの(=情報とか広告とか)が多いか少ないかの違いだけで、本質的には本当は、何の違いもないのですが。
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-31 00:00 | Comments(0)

Skyline, 1998

上京した日、その日の匂い。今でも覚えていることを、春の到来に気づかせられる。

19歳。

自由になりたかった。とにかく。だから大学に入って、親元を離れたかった。


今考えれば、「自由」の本当の意味を、解ってはいなかった。親元を離れれば、何とかなると勘違いしていた。

大学生なのに、大学に行かない。勉強しない。高い学費の元を取らない。

そのせいで、払った代償もまた高く。

ただ、後悔はしていない。

自分の経験則でしか判断出来ない。だから逆に、納得も大きい。そんな私は、その頃始まった、はず。

生きている限りそう、きっと。体当たりして、答えを見つけて。体当たりして、答えを見つけて。
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-31 00:00 | Comments(0)

2009-2010:明治神宮

新年、明けましておめでとうございます。

おかげさまで私とその周辺は、今年も、当たり前のように平穏に、年を越すことが出来ました。

平穏。それは当たり前のようであって、決して、当たり前ではないこと。

そういう時代に生きながら、恵まれた環境にいられることに、感謝、感謝を伝えようと、初詣は明治神宮に行って来ました。

深夜0時を過ぎ、普段より遅くまで走る電車で、原宿へ。

子供の頃の冬休みの、夜更かしのドキドキを味わいながら、足を踏み入れるとそこは、、、まるで神社の姿をしたイベント会場。神聖なるべき神宮の杜は、厳かさの欠片もなく。

a0106978_0145498.jpg

でも、それで良いと思う。正月だし。人間の原動力は、結局「楽しい」と思うことだから。

私の今年のテーマも、「楽しむ」に決めます。

出来ないことはしない。したいことをする。そして、したいことをするための、やるべきことはちゃんとやる。


[PR]
by tokyo100k | 2009-12-31 00:00 | Comments(2)

★久米島 -天国-

3日目は晴れ。

a0106978_034319.jpg

朝はさとうきびと共に目覚め、どこまでも牧歌的な、島の景色を満喫する。

a0106978_04044.jpg
a0106978_041072.jpg

今日は、待ちに待った「はての浜」。

a0106978_0105861.jpg

7キロに渡るその砂州は、潮の干満によって、姿を現したり、消したり。

a0106978_094934.jpg

聴いたこともない波の音に、頭が、からっぽになった。

帰りたくなかった。

a0106978_022683.jpg

午後はバイクで島を1周。

a0106978_1195820.jpg
a0106978_042098.jpg

アーラ浜の夕陽に想う。

日本にはまだまだ、見なければならない場所があり、まだまだ、会うべきあなたと、私がいる。

a0106978_23112797.gif
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-29 00:00 | Comments(0)

久米島 -島唄-

2日目は雨。

昼は体を癒し、夜は居酒屋「島風」さんへ。

島風さんでは、村崎太郎似の旦那さんと、京本政樹似の奥さんと、島唄を唄ったり踊ったり。味良し、唄良し。次の日もリピートしてしまった。

a0106978_21354496.jpg

島唄は、聴けば聴くほど、切ない。

楽しいばかりではないだろう人生を、それでも楽しもうとする島の暮らしが、推し量られて。

私なんて、豊かな時代に生まれて、大した苦労もしてなくて、前向きに生きなきゃ怒られるって、そんな気がした、久米島の夜だった。

a0106978_23112797.gif
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-28 00:00 | Comments(0)

久米島 -休息-

私が旅に出る理由。

20歳頃は、ただ憧れ。本やTVで見る場所に、自分も立ってみたかった。

25歳頃は、日常を生きる自分からの逃亡。海外にだって独りぶらりと。そんな自分しか、好きじゃなかったから。

そして今は、自分を休ませるため。貧乏性ゆえ、働かないと不安になる=休みの日、家にいたって、決して暇とは限らない。そんな自分に、働けない状況を与えるため。

a0106978_529477.jpg

年末は、久米島だった。

1日目は、宿のある島の西側から、東側までを自転車で。聞こえてくるのは、ざわざわ触れ合う、さとうきびの音だけ。

a0106978_4372273.jpg

潮風に吹かれ、錆びついた建物や、

a0106978_440588.jpg

見たこともない南国の花や、

a0106978_4405465.jpg

何故か車内にいる山羊に、沖縄を感じながら、

a0106978_5502646.jpg

相方曰く、『キミは車より、自転車が良いね。』

それはそうだ。急ぎたくない。味わいたい。

a0106978_5504859.jpg

さて、漕ぎ始めより2時間。本日の目的地、イーフビーチに到着。

a0106978_5143527.jpg

春の風。波の音。透き通った海の水。

久米島の優しさに、、、解放。

a0106978_23112797.gif
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-27 00:00 | Comments(2)

Abbey Road

六本木に、Abbey Roadというビートルズ専門のライブハウスがある。

そこは今から10年前、先輩に連れられ行った場所。好きも嫌いも関係なく、ただ圧倒的で強烈な、音楽の力に涙した場所。

a0106978_1203852.jpg

そんなAbbey Roadに、久々足を踏み入れた。例の先輩が、そこで結婚披露パーティーを開いたからだ。

自分の好きな店で、自分の好きな人と。

そういう場所があるって、素敵なこと。そしてその上その場所が、みんなの思い出の場所なんて。

尊い。

年取って、忙しくなって、段々疎遠になるけれど、たまに会えるその時、その瞬間が、未来の私の思い出になるんだ。

その時を、大切に。

もらったものは、倍にして返そう。

a0106978_23112797.gif
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-19 00:00 | Comments(0)

年末だから -そうじ-

a0106978_053839.jpgananの「超収納術」特集に感化され、毎日少しずつですが、『そうじ』らしいことを進めています。

拘るべきは、「収納」よりも「分類」。

「入るところに入れる」ではなく、「使う場所の近くに入れる」に変えた結果、モノの検索性がUPしただけでなく、家はすっきり広くなり、また「引き出し」という名の闇に葬られたモノたちも、再び日の目を見ることになりました。

『そうじって、なかなか楽しい。』

私がほくほくしていると、相方の机の上に、ガンダムの景品がごろごろと。

その時は、それこそほくほく集めていたのに、私が葬ったモノたちと同じく、風化してしまった、「欲しい」というその想い。

供養じゃないけど、ちゃんと飾ってあげました。

モノを大切にしないこと=その対価となったオカネを大切にしないこと=そのために働いたワタシを大切にしないこと、だと思うので。
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-13 00:00 | Comments(8)

限りある時間

「今年の漢字」を決めるなら、個人的には「時」。2009年は、時と向き合う1年だった。

a0106978_0394679.jpg

複雑な社会に、選択肢は溢れ、「好きなことから」の出来ない私は、何を切り、何を残すか、迷うことも多く。

結局は、限りあるもの(=時間)を基準にするしかないって、分かってからは開き直れた。

何を切り、何を残すかは、時間との対価で決まるもの。円高円安みたいなもんで、あらゆるものの尊卑なんて、需給バランスでしかないのだ。

だから。

どんなに忙しくても、今は自分=優先順位高。
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-06 00:00 | Comments(2)

林檎をあげる

a0106978_2237281.jpg人に林檎をあげるのに、専用袋を縫ってみました。

ヘタだけど、ちょっとした付加価値を。
[PR]
by tokyo100k | 2009-12-02 00:00 | Comments(4)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k