<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東大で考えたこと

a0106978_142257.jpg
『感情的になる』って言葉にはネガティブな響きがあるけど、

本質を突いてないな、と思う。


感情は人間のガソリン。

理性ばかりが偉いってことはないし、感情がなきゃ、何の行動も生まれない。


…という前提で、

ネガティブな感情には、0を掛けて消す。

ポジティブな感情には、1以上の数を掛けて増やす。

ここでいう数字は行動。

0=何もしない。時が解決するのを待つ。

1=積極的に動く。感情の赴くままに、走る!


そんなことを考えたくて、今日は、東大さんぽ。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-13 00:00 | Comments(0)

すごろくみたいに毎日を

a0106978_23542553.jpg
毎日は流れている。

いいことは続かないし、

悪いことも続かない。

『続く』印象があるとしたら、自分がそうさせているだけであって、

感情に関わる全てのことは、時間と共に流れているのだ。


すごろくみたいに流れる毎日。

悪い目で立ち止まるか、サイコロ振って先に進むか、その扉の向こう側を、期待さえすれば道は開ける。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-10 00:00 | Comments(0)
会社で『売れ筋/死に筋』委員、みたいのに選ばれた。

自分が選ばれたのは、死に筋ばっかり売るからだろうか、と半ばやさぐれながら参加したが、、、

た、楽しかったわ。


『売れ筋/死に筋の要素』という定性的なものを、
定量的な根拠に基づいて、
誰にでも分かるように言語化する、というミッションらしい。


定量化も、言語化も、大好物だよーーー!


EXCELを久しぶりに操ったけど、好きなんだなぁー、データ分析。

キム先生もいっていた。「長く時間をかけた(=投資した)ものが、強みなんだ」って。

好きだから長く出来たのか、
長くやったから好きになったのか、
んなことはどっちでもいいけど、この会社で続けてなければ、それにすら気づかなかったな。

今日1日も、終わりよければ全てよし。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-07 00:00 | Comments(0)

週末の料理

a0106978_053319.jpg尊敬している先輩は、料理上手な酒飲み美人、である。

料理は週末にまとめてやる、
んだそうで、わたしも真似してやってみて、気づいたことが、いくつか。

自炊をすると、
①好きなものが、好きな味付けで、好きなだけ食べられる ※根菜の煮物
②自分だけのために時間が使える、究極の自由を感じられる

って、
別にわざわざ改めるほどでもないけど、

自炊、みたいな「やったほうがいいこと」は、
「やるべきこと」として、イヤイヤやると続かないから、
「やりたいこと」に変換していく。

それが、生きる知恵、というもんなんだろうな。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-06 00:00 | Comments(0)

不器用でも一生懸命な人

『人間関係は自分の鏡』

という人がいるけれど、

会社という小さな世界においても、周囲の人の顔ぶれを見れば、自分がどういう人間でいたくて、だからどういう関わりを求めているのか、が分かる。


体裁とか損得とか、プライドとかぜーんぶ取っ払って、それでも付き合いたい!と思う人って、

『不器用でも一生懸命な人』

だな、わたしの場合。
不器用も一生懸命も、どっちが欠けてもダメです。


そしてそれは逆にいえば、そんな自分を受け容れることであり、かわいがることでもある。

そっか、器用なんかじゃないんだな、わたし。

そして、これによってまた、学べる機会が増えそうな、金曜日の夜であった。。。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-04 00:00 | Comments(0)
ついにわたしは、自分を動かし続ける仕組みを、編み出して、しまったのかもしれない。

や、まだ稼動してないからわかんないけど、ずーっと求めていたものは、これだったのかもしれない。

今の、目の前の、一見苦行にしか見えない大っ嫌いな仕事が、

1つ1つの経験として自分を成長させ、

そしてその成長こそが、人を、社会を動かしている!

という、事実の数値化、からの可視化。

気分だけで感じる、何となくの充実感だけじゃ、いつなんどき、秋の空みたいに曇ってしまうか分からない、感情に左右されっぱなしの自分だからこそ、

必要だったんだよ、これが!!!



成果の前にまず成長、としたときに、

成長=意味ある経験の積み重ねを指すんだとしたら、今の、目の前の、1つ1つの瑣末な出来事を「意味ある経験」に定義し直すこと。

それが、必要だったんだな。



人生という、命を懸けてもやるべきこと。それは、作業じゃない。

仕事だ。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-03 00:00 | Comments(0)

虹を見た

a0106978_1113698.jpg人生は、嬉しいこともあれば辛いこともある。

嬉しいことを100倍嬉しく感じ、辛いことを100分の1程度にしか感じない。

それが、例えバカに見えようがマヌケに見えようが、楽しく生きる人の知恵であって、

逆に社会や時代のモノサシに沿って、自分を責めてしまうのは本当のバカのすることだ。



と、開き直りを覚えた最近のわたし。

今日は、雨上がりの虹が見れたからいい!

と、心から思った。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-02 00:00 | Comments(0)
去る8月31日、わたしは確かに病んでいた。
会社に行きたくない。商談に行きたくない。
あれ?好きだったはずのもの(働くこと)まで嫌いになってる。

9月1日、キムゼミの受講が始まった。
期間は1ヶ月、たった4回の講義だったが、確かに得られたことがある。

それは、自分らしく生きるという命題に対する、具体的なメソッド。
それも、安いノウハウ本に書いてあるような表面的なものではなく、限りなく本質に近いのに、心から納得して始められる、論理性まで伴っている。

まず、好きなことをしろ。
ポジティブな感情で満たせ。
ネガティブな外的要因は切る。
どうしても切れないものなら、関わる時間を減らす。
などなど。

感情に根ざしているのに、理性的である。
感情に根ざしているから、自分にムリなく頑張れる。
そして理性的だから、正しい。

ゼミ生同士の繋がりが続くのもいい。
具体的に何か得られるばかりではないだろうけど、少なくとも、同じ目標をもつ人たちと関わるために、一定の時間を使うのは、ネガティブの侵入を防ぐ、という意味でも充分に価値がある。

9月はゼミで忙しかったけど、具体的な行動に移す、10月からが正念場。

自分を発掘して、好きなこと、やりたいことで自分を満たす。
その過程で出会う人から、更にポジティブなものをもらう。

転がるうちに、このベクトルはあるべきところの磁力に、吸い寄せられてく予感がする。
[PR]
by tokyo100k | 2013-10-01 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k