タグ:世田谷区 ( 12 ) タグの人気記事

1.自由には勇気と決意が必要になる件

稲垣えみ子さんってご存知ですか?

アフロのコラムが人気を博し、超節電生活で情熱大陸にも出演された方です。

稲垣さんは今年、
「50歳、夫なし、子なし」の状態で、新卒から働いた朝日新聞社を退社。

そんな勇気と決意の人が、
6月25日、パクチーハウスで始まった映画+トークイベント「cinemo PAX」に来られたのですー。
…もうちょっとマシな写真撮れって感じですな(=_=)

a0106978_21185265.jpg

今回の「cinemo PAX」は、
ドイツを脱原発に導いたドキュメンタリー映画「第4の革命」を見た後、
稲垣さんのトークでした。

電力は「自給自足」によって、再生可能エネルギーに転換できる、
的なことは前も書いたからいいとして、

凄いのは、稲垣さんですよ。

今、イギリスのEU離脱が、大きな騒ぎになってますよね。

「大きな政府」も限界が見えてきたっていうか、
「小さな政府」「自立」「自給自足」への、止まらぬ流れを感じるっていうか、

稲垣さんの本によると、
昨日まで確かだった体制の崩壊は、
電力やヨーロッパに限らず、日本社会も同じなんですって!!
こんな説教くさい文ではありませんが(=_=)



大会社にバブル入社、金満生活を謳歌してきた稲垣さんは、
生活に対する違和感から、退社を決意。
そして退社からフリーに移行する過程で、
不動産の契約や失業保険の手続などを通し、
多くのことに気づかされたそうです。

・日本という「大きな政府」は、「会社員」が楽なように作られている
・その「会社」を守るために、個人が犠牲になっている

というようなことが、
書き下ろされたばかりの著書「魂の退社」に書かれています。

ちなみに「守られた」世界を降りた今、自由で快適で仕方がないんですって!
いいなぁ~。私にもせめて、在宅勤務を!

さて、イギリスに戻って、
EU離脱問題のせいで、私の外貨預金も酷いことになってんですよ(笑)

ただ、小さな国民が大きな体制を否定したことが凄いっていうか、
昨日まで確かだったものを壊すって、
不安だし面倒だし混乱もするしって中で、それを選んだ勇気が凄いっていうか。
まぁ、「昔に戻りたい」で投票した人も少なくはないみたいですが、

とにかく日本でも今、
小さな個人が「共感」で繋がる仕組みってのが、次々と生まれていますよね。
やがてそれが渦となって、古びた体制を否定する、
そんな時代が、すぐそこまで来てる気がします。


2.近況報告

【健康】くたくたからの復活!
【仕事】溜まってます
【趣味】柴門ふみ読みたいなぁー

3.ニュースにひとこと(6/26)
いいねぇローカル。ただ、ニッチ過ぎて使えないのばっか(笑)

ローカルって、採算取れずに消えるものも多いですね。
最後の「撮るばかりではダメ。乗らないと」って文がいい。

行政による勇気ある決断!

リストラ以前に、電力会社が酷すぎ。太陽光が普及すると困る理由があったってことか。。。

大企業は守られてるけど、中の人は思考停止しやすいってことね。

※「ニュースにひとこと」は、以下の理由で続けています


[PR]
by tokyo100k | 2016-06-27 18:00 | 教養 | Comments(0)
1.「都会vs田舎」論争に終止符が打たれた件

あぁ、都会の生活はもう捨てて、田舎暮らしでもしようかなぁ。
とかって、考えたことありませんか?

私は、あります!!!

今、こんなネタも話題になっていますが、

甘くないんだよねー。田舎って。
現に私だって、田舎を捨てた組なわけだし。

しかし、たまに帰る実家(熱海)で、
ベランダの布団干すとこに、塵も埃もついてないのを見たとき、
「あぁ、このまま東京で、呼吸し続けて大丈夫かなぁ?」
って、不安になったことはあります。

ことほどさように、終わりの見えない「都会vs田舎」論争。
先日、ここに明快な答えを出す、1本のドキュメンタリー映画を見ました。



経済危機が深刻化するギリシャ。
首都のアテネでは貧困率が高まる中、
エーゲ海に浮かぶ「イカリア島」だけは、やたら幸福度が高いらしい。

主人公は考えます。
アテネの生活はもう捨てて、島暮らしでもしようかなぁ。

結果、最初に紹介したネタと全く同じ目に遭うのですが(笑)
彼は続けるんです、島暮らしを。

そして映画の中で、私が見出した答えは以下の通り。※少々難解です

「幸福」には、必要条件/十分条件があるとして、
都会で得られる「カネとモノ」は必要条件。
田舎で得られる「助け合いと満足」は十分条件。

田舎では、「満足」を得たくても「カネとモノ」がないので、「助け合い」が必然なのです。
その結果、都会のように、目的が手段に取って代わられることがない。

逆にいえば、この原則を見失わない限り、
都会だろうと田舎だろうと、幸福度は同じってことです。

よくあるじゃん。
カネのために、仲間同士が潰し合う会社とか。
そういうのじゃーないんです。

どうでもいいけど、「生活」と「暮らし」って、何が違うんだろうか?
「暮らし」のほうが、ごはん味わって食べる感じかしら?

a0106978_11572469.jpg

2.近況報告
【健康】朝はくたくた、夜は元気!
【生活】家にいない
【仕事】職場に「助け合い」を導入
【教養】仕事旅行してきた(4日後にUPします)
【財産】外貨預金が偉いことになってるぞ!

3.ニュースにひとこと(6/24)
資本主義経済、グローバリゼーションの終焉とかいわれてるけど、
難しすぎてよう分からん。混乱だってことは分かる。

方向性として賛成。大人も子供も自由になろう。


※「ニュースにひとこと」は、以下の理由で続けています

[PR]
by tokyo100k | 2016-06-25 18:00 | 教養 | Comments(0)
電力自由化から1ヶ月。
皆さん、手続きはもうお済みでしょうか?

かくいう私は、
「東電にはもう払いたくない!」
とか、息巻いていたものの、

料金シュミレーターでは違いが分からず、

現政権に不満があるくせに投票に行かない若者、のような状態で
1ヶ月が過ぎてしまいました。

a0106978_17584861.jpg

そんな中、
『パワー・トゥ・ザ・ピープル』という映画を見て、一転。

東電=原発に払いたくないなのに、料金だけで比較するのが間違っていました。

どうやって発電しているか

そこで比較なければ。

a0106978_17584881.jpg
映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』は、
自然エネルギーによる電力供給に成功した、
北欧の市民団体を追ったドキュメンタリー。



ちょっと情報量の多い映画で、消化し切れてないんですが(笑)

より安全な電力を求め、地域で自給自足することは、
グローバル化する少数の大企業への依存から脱することであり、
省エネしているにもかかわらず、
地域や人の生産性を上げることである、と。

a0106978_17584898.jpg
子供の貧困、ブラック企業、都知事の湯河原からバスの事故まで
既存の権力構造に端を発する、数々の問題。

嘆くだけなら簡単だけど、
それを許してきたのは国民なのであって、

電力が選べなかった時代ならまだしも、
選べるにもかかわらずそのままにするのは、
知らず知らず悪に加担してしまうことを意味するのかも、、、

と思ったら黙っていられませんでしたので、
今日は真面目に書きました!

a0106978_17584854.jpg

映画の上映会は
下北沢「cafe Stay Happy」さんにて。

[PR]
by tokyo100k | 2016-05-01 00:00 | 教養 | Comments(0)
「パクチーハウス東京」は、パクチーばっかり出すレストランとして有名ですが、
「旅と平和」がコンセプトだということは、どのぐらい知られているんでしょうか。

a0106978_15494867.jpg

パクチーを表す「paxi」のスペルは、
「平和」を意味するラテン語のpaxと、旅人を模したiの文字を、オーナーの佐谷氏が組み合わせたもので、

パクチーハウスで必ず行われる「乾杯」も、同じく佐谷氏が
「paxiを連呼すれば、平和を叫んでいることになる」と提唱している、ある種の言霊信仰のようなものなのです。

と、前段はここまで。
そんなパクチーハウスが、映画の上映会を始めるそうで、初回イベントに参加(^^)

ゲストは佐谷氏の盟友で、映画配給会社「ユナイテッドピープル」の関根氏。

ムヒカ氏の会見に出席したエピソードから始まり、
http://sekinekenji.info/archives/1361

「ユナイテッドピープル」を立ち上げた背景、
http://sekinekenji.info/archives/66

今回パクチーハウスでも始まる「市民上映会」について、
http://sekinekenji.info/archives/1184

ファスト・ファッションの裏側を描いた映画を例に、
身近なところから世界を考える、とはどういうことなのか、
http://sekinekenji.info/archives/1242

そして今後暮らすことになる、軍隊のない国・コスタリカについて、
http://sekinekenji.info/archives/954

などなど、詳しくはご本人に聞いていただくとして、

私のような単純な人が、1人、また1人と動き出すことが、未来の平和を創るんだ!
と感服した次第です。

ちなみに現役Rの皆さーん、T子屋で上映してるのも、実はコレだそうですよ。



“映画で旅する”cinemo PAXは、パクチーハウス東京で、年5回開催とのこと。
http://paxihouse.com/

[PR]
by tokyo100k | 2016-04-16 00:00 | 教養 | Comments(0)
世田谷で開催中の「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展(1300円)へ。

地名(ヴィンタートゥール)からして、聞き覚えがない。そして並んだ作品は、全て日本未公開。その見ごたえたるや、有名作品の来日が相次いだ今年の中で、1位2位を争う、かもしれない。

a0106978_23563045.jpg
Meadow Flowers / Odilon Redon

嬉しいことに、好きな画家が増えた。

好きすぎて、作品の前で立ち尽くした、なんて何年ぶりだろう。考えるより、感じる。そんな自分に出会う、芸術は貴重な機会。

a0106978_23564289.jpg
Breton Port / Odilon Redon

2階で同時開催中の「小堀四郎と鴎外の娘」展(200円)も見てみた。

「見てみた」と書いたのは、普段なら多分見ないから。1300円を見た後に、200円に期待はしない。

しかし、予想は大きく外れた。

芸術に「心」を感じたい人には、間違いなく満足の内容。画風と良い、題材と良い、素晴らしいどころか、出会うべくして出会った、ぐらいの。

そして家に帰り、NETを見て知った。

オディロン・ルドンという画家は、印象派世代でありながら、流行に染まることなく、独自の作風を貫いた人であり、小堀四郎という画家は、権力に屈した画壇を去り、貧窮してもなお、自身の画道に専念した人であったらしい。

染まるな、貫け。

共通するのは、孤高の精神。

昔からもう残念なほど、私は、そういう人が好きなんだ。
[PR]
by tokyo100k | 2010-09-26 00:00 | Comments(0)

残照の逆光

a0106978_08441.jpg

朝から良いことない日だって、本当に何もない、なんてことはないのだ。
[PR]
by tokyo100k | 2009-08-15 00:00 | Comments(2)

砧にて

TVで、縄文人に関する番組を見た。

縄文人にとって、土器は鍋釜。生活の道具。道具なら、使いやすいが1番なのに、何故わざわざ「縄文」なんかを施したのか。

そこには、効率よりも自己表現≒精神性があったのだとか。

効率、効率で心を置き去りにしがちな昨今、学ぶことは、多い。

a0106978_1144412.jpg

2年前の今頃、会社をサボり、砧公園で花見をした。

a0106978_1145234.jpg

花は満開。なのに、会社になんかいられなかった。

正当化するつもりはないけど、それは私の「精神性」。

a0106978_1174380.jpg

大切なものは何かって、ずっとずっと、考えている。

a0106978_1151789.jpg

雑に生きたくない。

季節の移り変わりとか、小さくて当たり前なことに、もっともっと感動したい。

a0106978_1153218.jpg

本当は人を、大切にしたい。

花束と花の違いが、分かる人でいたいんだ。
[PR]
by tokyo100k | 2009-03-30 00:00 | Comments(2)

LOVE LETTER

同僚(9人)にLOVE LETTER*を書くことになり、私も書いて、書いてもらった。

a0106978_0572176.jpg

その中の1通。「あなたにぴったり」と、相田みつをを、書いてくれた人あり。

『自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事』

a0106978_0572163.jpg

びっくり。

昨日たまたま、そんなことを考えていたから。そして週末たまたま、相田みつを展に行くつもりだったから。

たまたま、重なる。呼ばれる、感じ。

a0106978_0572218.jpg

開催中の展示は、「道」を主題にした写真と書。

『道はじぶんでつくる 道は自分でひらく 人のつくったものは じぶんの道にはならない』

a0106978_0572286.jpg

自分の道。

道なんて未だ分からぬ、私は今年30歳。

ただ、得意とすることや、人の助けになることがあるなら、取り敢えず、歩いてみるのが良いのかも。

a0106978_0572342.jpg

『歩くから道になる 歩かなければ草が生える』

a0106978_0572345.jpg

*LOVE LETTER=同僚同士、互いの「良いところ」について書き合うもの。数字数字の社内において、自己肯定の役に意外と立つ。


[PR]
by tokyo100k | 2009-03-14 00:00 | Comments(2)

ひかりのあめだま

優しい人と喧嘩する。私は決まって家を出る。

家の周りをふらふらする。光の飴に癒される。

a0106978_112677.jpg

優しい人が怒るのは、怒らす私が悪いのだ。人は私の鏡であって、その責任は私にある。

分かってるのに実践出来ない。それは、理屈だけで動いてない"証"。

そう、理屈じゃない。理屈じゃないのに。

もう少し楽になりたい。
[PR]
by tokyo100k | 2008-07-17 00:00 | Comments(0)

夢幻

a0106978_1175661.jpg

蒼白き多摩川に思い浮かべて、滑るように穏やかに今日が暮れてゆく。

a0106978_1181030.jpg

[PR]
by tokyo100k | 2008-04-20 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k