タグ:新宿区 ( 26 ) タグの人気記事

球児たちの熱い夏を見てきましたっ!

ええ、「アメトーーク」の影響です。平日の昼間だというのに、神宮球場満員でした。

a0106978_17540594.jpg


西東京の決勝は、2年連続準優勝の東海大菅生と八王子………都立ですか?いや、私立です。

って、その八王子が初回から先制。スタンドも一体となるような野球で(マジで!)、凡退続きの菅生相手に、3回まで毎回得点。

その後「もぎ取った」1点を機に、息を吹き返した菅生が、5回裏で同点に。

そのまま気迫の投手戦となり、7回表、ノーアウト満塁というピンチを切り抜けた菅生を、八王子もきっちり抑えたとき、スタンドには声援というより「轟音」が響いていました。

鳥肌の立つ熱戦は延長へ。チャンスの活かせない菅生を尻目に、「明日死んでも構わない!」ぐらいの応援を味方につけた八王子は、2点を連取しゲームセット!

a0106978_00194458.jpg


いやぁ、高校野球って、一気に形勢逆転するあの感じ…。実力とか運とかゲーム展開の差とかを、気迫だけで凌駕したりするじゃないですか。

そこに(日頃打ちのめされてる?)大人は、夢や希望を感じちゃうんだろうなぁ。それが若さか。

a0106978_17540760.jpg


どっちが勝っても素晴らしかったけど、八王子ナインと市民の皆さんおめでとう029.gif
[PR]
by tokyo100k | 2016-07-27 18:00 | 趣味 | Comments(0)

神宮球場でヨガをした件

1.神宮球場でヨガをした件

公園とか、草の上で寝ている人を見ると、
「あぁ~いいなぁ~」って思いますよねー。
畳の上の布団もしかり。人って草が好きなんでしょうか?本能的に。

a0106978_23403670.jpg

さてさて、
「草の上でヨガができる」と聞いて、
6/28は神宮球場に行ってきました!


神宮の芝にマットを敷いて、
曲げたり伸ばしたり片足で立ったりは普通だけど、

a0106978_23403731.jpg

最後の、「シャバーサナ」っていうの?

仰向けになって休息するポーズのとき、
普通だと「天井」の見えるそれが、今日は「天空」であったとき、
ヨギーニたちの語る独特な宇宙観、みたいなものに
ちょっとだけ繋がった感じがしました^^

個人的には、つば九郎&六大学野球ファンとして、
彼らの視界を体験しては、ほくほくするのに忙しかったー。

a0106978_23403770.jpg

こちらのイベント、
7/14~9/21まで残7回開催されるそうです。
参加無料なので、皆さんもぜひっ!

死ぬほど体の硬い私でも、大丈夫でした。


2.ニュースにひとこと(7/5)
おーこわ。情報操作。

こういう知恵の使い方はいいな。

市民は正しい。原発の前に寒すぎる冷房停めてちょ。

www今この世に生きてることが冒険って感じだけど。

※「ニュースにひとこと」は、以下の理由で続けています

[PR]
by tokyo100k | 2016-07-05 18:00 | 健康 | Comments(0)
5月の声を聞くと、ビアガーデンが恋しくなる私ですが、
最近それより、楽しそうなものを見つけました。

「ナイター」です。

a0106978_20445551.jpeg
スタジアムの最寄駅から、やたら感じる高揚感。

「今日は早く上がっちゃったー」
っていう、5%ぐらいの後ろめたさが、特別感を掻き立てるのか。

スタジアムに着いたら着いたで、
カープ、カープ、カープ!


a0106978_20460852.jpeg
全員が全員、カープのことしか考えてねぇ!
って一体感は、

プロ野球の魅力が分からない(特に23時台のスポーツニュース!)私ですら、

ビールがより旨く感じられ、、、


こんっな楽しいこと、
野球ファンだけのものにしておけない!


と、妙な闘争心を胸に、スタジアムを後にしたのでした。
[PR]
by tokyo100k | 2016-05-30 18:00 | 趣味 | Comments(2)

根拠のない自信のつけ方

人間が生まれてから死ぬまで、片時も離れられないのは誰か。

それは親でも子でもない。そうです、自分自身です。

a0106978_13284910.jpg

休みの日にある友人と遊ぶ。

この1年、会うたびに迷走を深めた彼女。そろそろ脱出して欲しく、容赦なく斬っていったら、

「私は、自分が好きじゃない」と一言。

ついでに私のことは、「根拠のない自信があって羨ましい」とのこと。

(*_*)えーっと、あなたの男ウケする容貌が、羨ましくて仕方ないけどね。私は。


人間、
「何を持っているか」と、
「自信を持っているか」は無関係のようです。

どんなに貧乏でも自信満々の人はいるし、絵に描いたような幸せの中にあって、満たされることのない人もいます。

「それは主観が決めること」と知っているからなのか、
自分に自信のある人は、自分との付き合い方がうまい。

・ちょっとしたことで自分を褒める(声に出して)
・ネガティブな感情は、押し殺さずに慰める(頭も撫でる)
・気分よくいられる環境を自分で作る(健康とか含め)

これらは自己啓発マニアの私が、あちこちで見聞きした習慣術ですが、
騙されたつもりでマネれば、意外と効きます。

ダムが決壊するが如く、甘えたくなるときもあるけど、
要は自分でどうにかする!
敵に回そうと味方につけようと、死ぬまで一緒なんだから。こいつとは。


そういえば私が迷走していた頃、竹内まりや先生は歌っていました。

♫隣の芝生が青く見えたら、この庭に花を植えればいい
(幸せのものさし)

そしてこの歌を教えてくれたのは、ほかでもない、彼女だったなぁ。

[PR]
by tokyo100k | 2016-01-11 00:00 | ★人気エントリー | Comments(0)
東京六大学野球、法政対早稲田戦。

一進一退的な試合で、負けたけど観後感はよし。

a0106978_18275469.jpg

東京に暮らしていて、こういうものをさっと見に行ける環境があって、

なおかつそれが母校で、チャンス法政とかを無邪気に楽しむことが出来て、

最近は、つべこべいうことが続いていたけど、

結局のところ、持っていないものよりも持っているもののほうが多くて、

私は、恵まれているのだ。



ないものを数えない。

あるものに目を向けよう。

あー、この気持ちがずっとずっと、100年ぐらい続けばいいのに。

[PR]
by tokyo100k | 2015-10-18 00:00 | Comments(0)

私を狂わす2つの感情

「どうしてあのときあんなことを?」と思うようなことは、誰の人生にもあるはず。

大好きな人に悪態をついてしまった。
ちょっとした裏切りを働いてしまった。
衝動的に消えたくなってしまった(そして消えた)。
など。

若いときほどこういうことは多く、
今では落ち着いて見られる私も、
大小問わなきゃ、1週間前にも似たようなことはあった。

自分なりの分析では、「寂しさ」と「楽しさ」に負けたとき、こういうことが起こるらしい。

私の場合、

寂しいと人に甘えたくなる。ただ、いつでも甘えられるわけじゃないってときに、失望しすぎて腐ってしまう。

これを克服したくて、
「寂しさ」に「忙しさ」で対抗したのが2015年の私で、

頑張った結果どうなったか。

楽しいとか、嬉しいとか、素直に感じることが減ってしまった。

a0106978_13101251.jpg

その一方で、私を狂わす、もう1つの感情は「楽しさ」。

楽しいときはその状態を持続しようと、寝食忘れてそれに取り組み、

頑張りすぎて倒れて臥せって、この世に独りなんじゃないかと思うぐらい絶望して、寂しくなってまたおかしくなる。

若いときは、こんなに面倒臭く生まれたことを呪いすらしたけど、

こんな私の最悪なのが、

潜在的に寂しく感じているのに、酔って楽しくなんてなってしまったとき。甘えたいわ自制心はないわで、

ちょうど甘えられる人が一緒にいたのに、私が面倒臭すぎて、帰ってしまってますます落ち込む、みたいな。



私は本日、1つの決意と1冊のノートを手に入れた。

決意というのは、
自分の心と体を知り、状態に合わせ対人コントロールするということ。

1冊のノートは、私がどれだけ人に恵まれ、人に愛されているかを実感するために使う。

最近は、感情に対し、理性、理性で来ていたけれど、それも限界あるみたいだし、
寂しいときに優しくされるから楽しく感じるんだし、

それを無にしてまで寂しさを克服しても仕方ないんだし、

嘘だ、まやかしだなどと考えずに、素直に生きれるようになりたい。

[PR]
by tokyo100k | 2015-10-17 00:00 | 私について | Comments(0)

夢を叶えるPDCA

土曜にも書いた通り、最近人から声をかけてもらう機会が多く、嬉しい限りであります。

人間関係のバランス、開くところと閉じるところ、といいますか、やっと取れてきた気がする。


さて、昨日は後輩の声かけで、ある成功者さんの講演を聞いてきました。

面白いトークでしたが、重要なところだけをまとめると以下のような感じです。

《夢を叶えるまでのステップ》

1)夢を見る(期日とセット)


2)1を叶えている人(モデル)を見つける

3)2と自分の行動の差を明らかにする

4)3の中から自分にも出来ることを真似する

5)4の中から自分の得意なことを磨く

6)5を自分の力として人に覚えてもらう


7)実現する

重要なのは、2~6は繰り返しだということ。つまりPDCAです。


こういう内容を聞くのは初めてではありませんが、やっと気づいたことがあります。

成功者さんたちはよくいいます。

BMWに乗りたいとか、タワーマンションに住みたいとか、夢なんてそんなもんでいいんだ、って。

ですが、外車にもマンションにも興味のない私は、外車じゃないから、マンションじゃないから、という理由で自分には夢がないと決めつけていました。

よく考えたら私だって、縁側の家に住みたいし、北欧にだって毎年行きたい。

a0106978_22405414.jpg

夢がないのではなく、叶わないと決めつけていたんだな。

ということで、モデル探しを始めます。

[PR]
by tokyo100k | 2015-05-26 00:00 | Comments(0)
大企業の従業員として、マジョリティによるマジョリティのための商品を作っている。

周囲は成果や目標に対して、前向きな人ばかり。恵まれた環境ではあるけれど、

吸いたくなる。たまに、カオスの香りが。

a0106978_22472544.jpg

「カオス」とは、「混沌」の意味らしい。

個性豊かな店がマッチ箱みたいに並ぶ、ゴールデン街は、カオスだ。

男も女も、老いも若きも。必ずしも前向きな人や、爽やかな人ばかりではない。

媒介は酒。

それだけを頼りに、異なるものが混じり合い、分かり合う。

今日はちゃんと帰ったけど、どろっどろに溶けて、自分がカオスになっちゃう夜も、たまにはいいのかもしれないなー。たまには。

[PR]
by tokyo100k | 2014-12-12 00:00 | Comments(0)
いろんなヒト、いろんなモノ、いろんなトコロがある街、東京。

憧れだけで暮らし始めて、10年も経てばそんなに刺激感じなくなるけど、、、



トーキョー、ほんまにいろいろあるな!

と、ひさびさ実感した金曜日。



それはある日のFacebook。

モンゴル料理屋を貸し切って、

『羊1頭を食べ尽くす会』

って、、、その響きだけで即、参加ボタン!



その晩、向かったのは新宿。

歌舞伎町裏のホテル街を抜け、まるで「龍が如く」みたいな雑居ビルの2階に、その店はありました。

新 オッと屋
a0106978_2325183.jpg
写真は文字通り「羊1頭を」解体するマスター。

臭みの強いラム肉は、解体~口に入るまで、2時間近く待たされるのですが、

その間、モンゴル衣装の貸出あり、馬頭琴の演奏あり、日によってはモンゴル相撲ありと、

ちょっとした、いや、かなりのモンゴル旅行気分が味わえます★◎$△
a0106978_2325290.jpg
写真は初対面の殿方(中川家礼二似)と、モンゴル人の夫婦ごっこを楽しむ私ww

確かにモンゴルか、朝鮮顔の自覚はあったが、、、似合ってました。我ながらw



東京は日本の首都でありながら、世界中の文化が集まる国際都市であり、

わざわざ外へ出なくても、いろんなタイケンが出来るんですね。

本当に面白かった。



ということで、また珍しい催しをされる方がいらっしゃいましたら、ぜひ私にも覗かせてくださーい。



ありがとうございましたm(_ _)m

[PR]
by tokyo100k | 2014-11-28 00:00 | 趣味 | Comments(0)
とある団体の忘年会で、新宿二丁目は『ビタミンC』へ。

ひとくちに「二丁目」といっても、マッチョ系とかイケメン系とかあるので、

「ここは何系ですか?」と幹事に聞いたら、

「かわいいママが出て来るよ!おっさんだけど!」


って、

かわいい=ママ≠おっさん!?

みたいな、矛盾に満ちたやりとりが二丁目wwwちなみに女装系でした。


さて、土曜日の深夜1時。雑居ビルの4階にある怪しい扉。

恐る恐る開けてみると、
既に来ていた10人ぐらいの団体は、半裸の男性が2人、縄で縛られていたり、サランラップで巻かれていたり、

もしサランラップ不足にあえぐ国があったとしたら、激怒しそうなバカ騒ぎ。。。

a0106978_23502724.jpg
さて、今日のタイトルは「オカマから考えたこと」ですが、

私は別にミートくん似(←かわいい)のママさんと、何かを喋ったわけではなく、ただ観察しかしていないのですが、


上に書いたような乱痴気騒ぎの中、

あくまでも「かわいい」自分のペースを乱さず、しかもクールに客の要望に応え続けるあの佇まいというのは、

男が女に要望するものでありながら、実は全ての女が、生まれながらにはもっていない(=後天的に身につけなければならない)ものなのではないか。。。


と、うだうだ考えている時点で既に「かわいく」ないので、

ママさんが満たしている、そして私が満たしたいと思っている「いい女の条件」について、こんな記事があったので共有して、結びと代えさせて頂きます。

齋藤薫 『男が女に惚れる時

[PR]
by tokyo100k | 2014-11-23 00:00 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k