和服を着始め1年になりますが(休日だけね)

着れば着るほど、洋服を着る理由が分からなくなってきた、
そんな矢先、

やっぱ和服がいいでしょ!と実感する出来事がありました。

a0106978_19115682.jpeg

これとか、

a0106978_19120903.jpeg

これとか、

平成ですよ???


ペリー率いる黒船が来航したことで知られる、伊豆・下田。

幕末の町並みと、和装のマッチングが素敵過ぎ!!

a0106978_19130215.jpeg

最近はこんなコスプレもあるのかー、な、
a0106978_19123076.jpeg
伊豆の踊り子と坂本竜馬のカップルは、
スマホ片手に撮り合って、とっっっても微笑ましかったのでした。

[PR]
by tokyo100k | 2016-05-25 18:00 | 趣味 | Comments(0)
a0106978_18375743.jpeg
修善寺で「きのこ狩り&BBQ」をしてきました。

爽やかな森が育んだ新鮮なきのこ(椎茸)は、
肉よりも歯ごたえがあり、野菜よりも瑞々しいー!!

a0106978_18373293.jpeg

なんて感動してしまいましたが、

そもそも市販の椎茸(菌床)と、今回食べた椎茸(原木)は、
工場育ちのブロイラーと、自然に飼われた鶏ぐらい、
育ちが異なるものらしい。

社会科見学さながらに、生産工程を見学させてもらったのですが、

a0106978_18370002.jpeg
木の養分をいっぱいに吸い、
夏には夏に合わせて瑞々しく、冬には冬に合わせて熟成を重ね成長する椎茸。
(福士蒼汰といかりや長介のイメージ)

煮ても焼いても揚げてもおいしく、
肉のないときは肉の代わりを、野菜のないときは野菜の代わりを買って出る椎茸。

なんていいヤツなんだろう!

a0106978_18364806.jpeg
普通、
「○○狩り」といえば、苺や葡萄に負けてしまうし、
「BBQ」といえば、肉や魚に負けてしまうんだけど、

両者を成り立たせている椎茸って、、、

なんて凄いヤツなんだろう!!!
ただの脇役にしておくのは勿体ない。

と、いうことで、
椎茸に関してラジオ録りましたので、後日聴いてくださいませ。

[PR]
by tokyo100k | 2016-05-23 00:00 | 趣味 | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

さて、新年の抱負として、今からよく分からない文を書きます。抽象的にはなりますが、現時点で、これ以上の表現が出来ないのでご容赦下さい。

a0106978_12442564.jpg


まず、2016年、私が大切にすることは「健康・快適・自由」です。

これは年末に「自分史カフェ」というものに参加し、マインドマップを6時間ぐらい書き続けた結果で、シンプル過ぎて逆に驚いたのだけど、要は「ちゃんと生活する」というようなことを指しています。

「健康」は年齢に抗うことだし、怠ければ損なわれるのが「快適」、そして「自由」は、日々いろんなものに脅かされます。

これらを維持し、進化させるだけでも充分尊いとは思うのですが、

(ここからが重要)
もっと発展させるために、似たような価値観をもつ「仲間」が必要になりました。

私が重視したいのは、

ecologicalで
economicalで
emotiomalである

という価値観。

ぱっと見「清貧」みたいですが、要は「既にあるものを大切に、しっかり味わう」みたいなことです。

ヒト・モノ・カネの減る時代でも、幸せの総量だけは減らせないとしたら、
妬み・焦り・不安みたいなネガティブな感情に付き合っている暇はない中で、

一番合理的なのは、今あるものの中にしっかり価値を見出すこと。

創造、獲得、競争もいいけど、今あるものの再編集なら、ムリ・ムダ・ムラがないでしょう。

今年はこれを実現したく、いろいろ画策するつもり。

この範疇に収まるものには全て参加したいので、企画者の皆さま、どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by tokyo100k | 2016-01-03 00:00 | 私について | Comments(0)

打ち上げ花火

a0106978_0233534.jpg

@あたみ
[PR]
by tokyo100k | 2009-01-02 00:00 | 趣味 | Comments(0)

天気

2009年は、激しく晴れて、明けた。

a0106978_071637.jpg

天気って、天の気分なのか。占いによると、30歳から「来る」らしい。

[PR]
by tokyo100k | 2009-01-02 00:00 | 趣味 | Comments(0)

司馬江漢

a0106978_1482228.jpg

いかにも暑そうな夏空の青に、百日紅の白が映える。

そんな中、汗だくになりながら向かったのは、山の中腹に建つ静岡県立美術館

目的の司馬江漢は、ある日、ある夢に出てきた、江戸時代の浮世絵師だ。

a0106978_1761598.jpg

それは私が、生き方に迷い、「自分の前世を知りたい」と、心の底から願っていた時のこと。私は夢の中でインターネットをしていて、突然、見も知らない人名を、Yahoo!の検索バーに打ち込んだ。

「来た!」と、寝ながらも感じた私は、すぐさま起きて実際に、その名をYahoo!で検索。すると、その名を幼名とする、司馬江漢が現れた、というわけ。

何とも奇妙な夢であり、彼自身、奇妙な人だったらしいけれど、何かのヒントではあるのかも、と今でもちょっと、期待している。


[PR]
by tokyo100k | 2007-08-14 00:00 | 教養 | Comments(0)

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k