消費税と高齢化と

a0106978_23481324.jpg
最近仕事でよく、消費税トークをする。

もうすぐ8%ですね~、来年には10%ですね~、って、、、倍やん!!!みたいな。

『国策だから仕方ない』って人も多いけど、果たして得られる恩恵は倍になってくれるのかね???


同じく最近仕事でよく、少子高齢化トークをする。

日本人の平均年齢は、実に45歳らしく、グラフなんかを見ても、子供の少なさに、、、驚く!!!


そんな中、グローバル戦略を推し進める企業がある(弊社も)。

消費税上がりますー。若者減って老人増えますー。稼ぐ人が減るんだから、国内に回るおカネも減る。これが市場の縮小というやつで、だからこそ企業は生き残るため、外貨を稼ぐため世界戦略を描く。


当然のことだと思う。当然のことだと。

ただねー、魂売り過ぎちゃってません?って、思うときもある。正直。

単一国家ならではの曖昧さだとか、融通の利く部分だとか、、、捨てちゃっていいのかなー。

私自身、大企業の論理に守られているからこそ、こんな甘い考えでいられるのかもだけど。。。



まぁそんなことはさておき、私は古い町が好きだ。

企業のグローバル戦略しかり、生き残ることはもちろん大切。

だけど、魂売らないことも同じぐらい大事で、その両者を叶えているのが、古い町なのだ。


今、私は文京区に住んでいて、ここに一生住みたいと思っている。

文京区は、、、都心だ。

都心なのに、古風で保守的で、イマイチ開発されてなくて、要するに昭和なんだけど、守りたいもの守りながら、平成の現代に、ちゃーんと生き残っているのだ。


この街にあるものは、、、何なんだろう。

保守的でありながら革新的であるために、、、

答えは、「らしさ」を磨くこと。

[PR]
by tokyo100k | 2014-03-24 00:00

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k