タグ:甲信越 ( 9 ) タグの人気記事

噂に聞く『ほったらかし温泉』に、連れて行ってもらった。

その名の通り、まぁ着いて、風呂でも入ってってよ、という気軽さ。

a0106978_23445147.jpg

風呂から望む、絶景だけが売りである。

壮大過ぎて、逆に写真には収められないそれが、『わざわざ行く価値』なんだろう。



東京→山梨。中央道を走ること、3時間。

都会の日常をちょっと離れて、天上人になった気分。

来週も頑張ろう!の、理想的な休日。

[PR]
by tokyo100k | 2012-06-10 00:00 | 趣味

山中湖

2日目は晴れ。

湖面の青に、スワンボートの原色が映える。

a0106978_0181661.jpg

「ちょっとそこまで」の予定が、どんどん走ってしまう自転車。

スタンプみたいなマンホールとか、

a0106978_0183350.jpg

まるまる太ったデブ猫とか、

a0106978_0184034.jpg

どうでも良いことで喜んだり楽しんだり出来るのは、大自然の中で、リラックスしていればこそ。

a0106978_0183734.jpg

新宿からバスで2時間×2000円。

もっと活用したいかも。そんな山中湖の休日だった。

[PR]
by tokyo100k | 2010-10-03 00:00 | 趣味
翌日は、霧ヶ峰へ。

上諏訪駅からバスに乗り、八島ヶ原湿原で降りる。

a0106978_1343879.jpg

緑、

緑、

緑。

視界の7割は、緑。

当たり前のことに、改めて気づいた。当たり前は、当たり前ではないのだ。

a0106978_1343916.jpg

八島ヶ原湿原~霧ヶ峰ICへは、バスで行く予定だったが、歩くことにした。

a0106978_1343943.jpg

山1つ越えれば着ける、そんな予定が、、、いや、予定に間違いはなかったのだが、

足元を見張り、草を掻き分け、

歩いても歩いても、着かない。

a0106978_1344030.jpg

「本当に道?合ってる?」

「地図にはそう書いてある!疑っても仕方ない。とにかく歩こう!」

1時間ほど、歩けそうもない道を歩き、やがて体力の限界へ。

やっと空が開けた頃には、

a0106978_1344087.jpg

沸き立つ雲の如く、私たちの中に、自信のようなものが、生まれていた。

a0106978_1343822.jpg

歩き続けて、通じない道はない。

恐れるよりも、歩くべし。

旅は多くを、教えるのだ。

[PR]
by tokyo100k | 2010-07-25 00:00 | 趣味

河口湖で考えたこと

部署の送別会で、河口湖へ。

きっと人生最後の経験。木曜の昼間から、どんちゃん騒ぎ。

a0106978_2445888.jpg

20人の人間観察。どんな場面であっても、働く人は働くし、怠ける人は怠けるものだ。
※私は後者

新しい部署になって3ヶ月。最近しみじみ感じるのは、組織って、良くも悪くも家族みたいだってこと。同じ役割の人は、1人としていないし、要らない。

そんな中、私の役割は何だろうって、ずっと考えていた。

緻密さ?真面目さ?どうやらそれじゃないらしい。最近は、「ゆるキャラ」目指して邁進中。

みんな、やりたいようにやるのが良い。そして、バランス取るのが良い。

[PR]
by tokyo100k | 2009-09-17 00:00 | 仕事

Space Shower Sweet Love Shower

今日という瞬間は輝いていたか。"YES"か"NO"で答えなさい。

Space Shower TVが主催するSweet Love Showerというイベントに行った。音楽。10代の頃はよく行っていたのに、頭の中から消えてなくなったみたいに、足が遠のいていた。

音に酔う。歌声は天高く、雨粒は見上げれば宇宙のよう。

a0106978_0363981.jpg

10年ぶりの感想。今も昔もやっぱり私は、繊細な人の創る、純粋な音楽が好きだ。似たような自分が嫌になることもある。それでも私は、違う私になりたくない。

今日という瞬間は輝いていたか。答えはもちろん"YES"。渇きを感動で潤した日。懐かしい、そして新しい光を見つけた日。

[PR]
by tokyo100k | 2008-08-31 00:00 | 趣味

White, Yellow, and Green

花や緑に囲まれて、ゆったり暮らしたいだけなのに、どうして私の人生は、そうでない方にばかり進むのだろう?

a0106978_22445957.jpg

[PR]
by tokyo100k | 2008-08-17 00:00 | 趣味

日常からの解放

今年の夏は、田舎に行く機会が多かった。

a0106978_1585126.jpg

田舎は不便。食べる店がない。電車が来ない。森の散歩ぐらいしか、することがない。静かな夜に聞こえるのは、囁くような風の音だけ。

忙しい日常から、解放されていく自分に気づく。それを望んだわけではないのに。

a0106978_1583387.jpg

家でも会社でも、常に何か、していないと気が済まない。そして都会の生活は、最大限の効率を可能にする。意志さえあれば、何でも出来る。

「何もしない」から、遠く離れてしまっていた私に、田舎は、「何も出来ない」を強要する。

左脳、強制終了。そして右脳、再起動。

「日常からの解放」の、味を知った夏の終わり。「何もしない」には、大きな意味があるのだ。

[PR]
by tokyo100k | 2008-08-16 00:00 | 趣味
「疾」
a0106978_2146854.jpg

「彩」
a0106978_022764.jpg

「裂」
a0106978_024717.jpg

「焦」
a0106978_0356.jpg

[PR]
by tokyo100k | 2008-08-02 00:00 | 趣味

贅沢な時間

現代人は、朝と夜しか生きることが出来ない、という広告がありました。

朝の通勤ラッシュから、やっと抜け出して会社に着き、暗くなるまで働いて、家路に着く。

その広告は、夕方を生きることこそが、現代における贅沢なのだと、結んでいました。

a0106978_1293830.jpg

贅沢とは、イコール、高いものを買ったり、食べたりすること、ではありません。

a0106978_1295278.jpg

贅沢とは、日頃手の届かないものを手に入れること。その結果、高くなることはあるけれど、決して高いことそれ自体が、贅沢なのではありません。

a0106978_130259.jpg

軽井沢に行きました。全ての音が吸い込まれるような空の、夕方はとても綺麗でした。
[PR]
by tokyo100k | 2007-08-25 00:00 | 趣味

結婚もキャリアも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発は志向している八重洲OLのブログです。


by tokyo100k